ここから本文です

ホンダ CBR650R試乗インプレッション【万能性は維持しスポーティさに磨きをかける】

2019/11/15(金) 5:48配信

WEBヤングマシン

街乗りからツーリング、サーキット走行まで楽しめる

ミドルクラスの直4フルカウルスポーツ、CBR650Fがフルモデルチェンジし、車名も“F”から“R”へ。RRシリーズに通じる外観を手に入れ、走りも大幅に進化! その走りに乗り手を緊張させる要素はなく、極めて扱いやすい。これは新たな需要を掘り起こすかもしれない、そう直感した。

【写真をまとめて見る】

(◯)車名は変更されたがFコンセプトは健在

不思議な気分だ。アグレッシブなフロントマスク、倒立フロントフォークにラジアルマウントキャリパー、耳に届く官能的な直4サウンド……。視覚と聴覚から入るこの新型車のフィーリングは全てスーパースポーツと同じなのに、その走りに乗り手を緊張させる要素はなく、極めて扱いやすい。これは新たな需要を掘り起こすかもしれない、そう直感した。

まずはエンジンから。648ccの水冷並列4気筒は、先代のCBR650Fよりも5ps多い95psを公称する。直4らしく回転上昇がスムーズな上に、3000rpm以下から実用域として使えるほど低中回転域にしっかりとトルクがある。スロットルレスポンスは忠実だがけっして過敏ではなく、大きく開けると7000rpm付近でもう一伸びし、レッドゾーンの始まる1万2500rpmまで胸のすく加速を見せる。120ps前後を発揮する600ccのスーパースポーツほどエキサイティングではなく、また前作よりも軽くなったとはいえCBR1000RRよりも11kg重いので、加速感は驚くほどではない。だが、それゆえにスロットルを開けられるので、内なるスポーツ心は大いに満たされるのだ。

【ホンダ CBR650R[2019]】主要諸元■主要諸元■全長2130 全幅750 全高1150 軸距1450 シート高810(各mm) 車重207kg ■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 648cc 95ps/12000rpm 6.5kg -m/8500rpm 変速機6段リターン 燃料タンク容量15L ■ブレーキF=Wディスク R=ディスク ■タイヤF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●価格:103万6800~106万9200円 ●色:黒/赤

1/3ページ

最終更新:2019/11/15(金) 5:48
WEBヤングマシン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事