ここから本文です

【RIZIN】朝倉海の対戦相手にマネル・ケイプが執拗な立候補「彼に逃げさせないでください。今は私の番です」

11/15(金) 12:56配信

ゴング格闘技

2019年12月31日(火)さいたまスーパーアリーナ『RIZIN.20』で、朝倉海(トライフォース赤坂)との対戦が決まっていた堀口恭司(アメリカン・トップチーム)が怪我により欠場することが11月14日の記者会見で発表された。

【写真】那須川天心ばりのトリケラトプス拳の構えを見せるケイプ

 その代替カードについて、RIZIN榊原信行CEOは、「このカードに変わるカードを用意するのはとても大変ですけど、全力でこのカードに勝るようなカードを組ませていただきたい、ご期待いただければと思います」と語った。

 ファンの間では“バンタム級四天王”の佐々木憂流迦(Serra Longo Fight Team=負傷欠場中)と元谷友貴(フリー=対戦相手決定済み)を除く、石渡伸太郎(CAVE)、扇久保博正(パラエストラ松戸)のほかに那須川天心(TARGET/Cygames)の名前も予想されているが、ここにマネル・ケイプ(アンゴラ)が名乗りをあげた。

 ケイプは2017年10月にRIZIN初参戦。バンタム級トーナメント1回戦で山本アーセンを1Rわずか1分11秒でハイキック葬し、衝撃日本デビューを果たした。続く2回戦では元UFCトップファイターのイアン・マッコールをヒザ蹴りでTKOに破る番狂わせを演じ、準決勝では堀口恭司にKO負けを喫するも堀口に「やりにくかった」と言わしめた。

 そして2018年5月には朝倉海と対戦。朝倉を苦しめ、判定2-1の接戦で敗れたが、判定に納得がいかず事あるごとに朝倉との再戦をアピールしてきた。

 今回も、堀口欠場の噂がネットで流れるとさっそく11月12日に「マネル・ケイプ vs @kai_1031_(朝倉海のアカウント)12月31日。実現させましょう」と日本語でアピール。

 昨日の会見で堀口の欠場が正式発表されると、「これ(朝倉vsケイプの再戦)を実現させる。私たちは皆それを待っています」と、榊原信行RIZIN CEOを始めとするRIZINのアカウントを並べて猛アピールした。

 その1時間後には「彼に逃げさせないでください。 今は私の番です」と、以前の対戦動画とともにアップ。今度はRIZIN関係者だけでなく、フジテレビのアカウントまで入れる猛烈アピールぶりだ。

 ファンや海外からもケイプを後押しする声は多く、バンタム級の2人と那須川に並ぶ有力な対戦相手候補だと言えるだろう。

最終更新:11/15(金) 14:33
ゴング格闘技

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事