ここから本文です

ヘンリー王子とメーガン妃、クリスマスは女王と別行動!?

11/15(金) 14:58配信

ニューズウィーク日本版

<王室の慣例を破りメーガン妃の母と休暇を過ごすという発表にバッシングが再燃>

バッキンガム宮殿は11月13日、ヘンリー王子一家が今年のクリスマスをエリザベス女王らとは別々に過ごす予定であることがわかった。

【写真を見る】11歳のときのメーガン妃

英王室のメンバーは毎年、クリスマスは東部サンドリンガムにある女王の邸宅で、女王と一緒に過ごすのが慣例となっている。だがヘンリー王子、メーガン妃と息子のアーチー君は11月末から「長期休暇」でイギリスを離れるとみられており、クリスマスはメーガン妃の母ドリアと一緒に過ごすことにしたという。11月7日のイギリスの戦没者追悼式に出席した後、アメリカで休暇を入ってそのままクリスマスを迎える説が有力だ。

バッキンガム宮殿の報道官は13日、次のような声明を発表した。「サセックス公爵と公爵夫人は、今月末から家族でゆっくり時間を過ごされるのを心待ちにされています。過去2年のクリスマスはサンドリンガムで過ごされてきたので、今年のクリスマス休暇は新しい家族として、公爵夫人の母ドリアさんと一緒に過ごされる予定です」

さらに声明はこう続く。「夫妻は、以前ほかの王室メンバーが作られた先例にのっとってこの決定をされました。女王陛下もその決定を支持しておられます」

ヘンリー王子とメーガン妃は先日、メディアや国民からの批判や中傷に苦しんできたことを告白したが、この発表で2人に対する批判見がさらに噴出。タブロイド紙デイリー・メールは14日、「女王にはこんな不可解な欠席のないクリスマスがふさわしいのでは?」という見出しでこの問題を報じた。

<10月にはタブロイド紙を訴える異例の決定>

メーガン妃は10月、デイリー・メールの姉妹紙であるメール・オン・サンデーを提訴した。同紙が2018年に、メーガン妃が実父トーマスに送った私的な手紙を公表したことは個人情報の悪用であり、データ保護法違反にあたると主張したものだ。

ヘンリー王子は同紙が「毎日のように(メーガン妃を)中傷」したと批判。さらに「彼女が妊娠中で公務を休んでいたのをいいことに、嘘に次ぐ嘘」をでっち上げたと主張した。

10月にITVが放送したドキュメンタリー番組の中で、メーガン妃はアーチー君の妊娠中、タブロイド各紙の監視に苦しめられていたとも告白していた。

「女性は誰でも、特に妊娠中はとても傷つきやすいものです」と彼女は番組の中で語った。「だから本当につらかったです。特に赤ちゃんが生まれてからは、新米ママとして過ごしながら、そして夫との新婚生活も大切にしようとする中で、そうした問題にも直面したのですから」

さらにこうも語っていた。「ものごとをなんとかやり過ごすだけでは、十分ではありません。人生の意味はもっと違うところにあるのです。私たちは幸せにならなければならないのです」

さらにこうも語っていた。「ものごとをなんとかやり過ごすだけでは、十分ではありません。人生の意味はもっと違うところにあるのです。私たちは幸せにならなければならないのです」

<王子兄弟の確執も原因?>

ヘンリー王子は同番組で、兄ウィリアム王子との確執の噂にも触れていた。一部メディアは、兄弟の確執もメーガン妃のせいだと報じていた。

「王室メンバーとしての役割、仕事やプレッシャーの中で暮らしていれば、必然的に問題は起こる。だが私たちは兄弟であり、それはずっと変わらない」とヘンリー王子は語った。「今は確かに別々の道を歩んでいるが、私はいつでも側にいて兄を助けるつもりだし、兄もそうしてくれると確信している。忙しくて以前ほど顔を合わせていないが、私は兄を心から愛している。起こった問題のほとんどは、何でもないことが原因だ。だが兄弟には、いい時もあれば悪い時もあるものだ」

(翻訳:森美歩)

トゥファエル・アフメド

最終更新:11/15(金) 14:58
ニューズウィーク日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事