ここから本文です

地元の人気企業の口コミで分析!正社員が働きやすい都道府県ランキング

11/15(金) 11:44配信

@DIME

今、大都市にこだわらず、暮らしやすい地域を職場に選ぶ人は増加している。また、地域経済の活性化の動きとともに、地元に戻るUターンはもちろん、出身地以外の地方に移住して働くIターンも増加傾向にある。

ここで気になるのが、「どの都道府県が働きやすいのか」ということだ。

※グラフありの元記事は下記同タイトルをクリックすることで見ることができます

そこでキャリコネは、正社員ユーザーによる「労働時間」「やりがい」「ストレス」「休日」「給与」「ホワイト度」の6項目の評価の平均点(総合評価/5点満点)を都道府県別に抽出して『正社員が働きやすい都道府県ランキング』を発表した。

それではランキング結果を見ていこう。今回はトップ10入りした都道府県を代表する企業の口コミも紹介する。

九州・沖縄地方や四国地方からトップ10に多数ランクイン


1位となったのは、工業生産額が全国で圧倒的1位の愛知だった。九州・四国エリアがトップ10の大半を占めているのも印象的だ。

愛知県は、トヨタ自動車を筆頭にトヨタグループの企業が本社を置くほか、陶器や繊維業でもトップクラスの大手企業が本社を構えている。

2位は沖縄県で、企業数は決して多くないが、豊かな自然を生かした観光業やサービス業が盛んだ。

3位の宮崎県は、旭化成発祥の地。化学工業だけでなく、近年は医療機器生産業が発達している。

トップ10入りした都道府県を代表する企業の口コミ
1位:愛知県(正社員の総合評価:3.51)
愛知県豊田市に本社を構える世界的自動車メーカー「トヨタ自動車」の口コミ

「残業が基本は360時間に抑えられることを考えると、時給は高い。比較的自分の時間を持てて、お金も自由に使える。社宅や寮などの福利厚生制度もしっかりしており、都内で生活するよりも額面以上に可処分所得は多くなる印象」

(企画営業/30代前半男性/年収850万円/2017年度)

2位:沖縄県(正社員の総合評価:3.24)
地元密着で小売店、レストランなどを展開する「サンエー」の口コミ

「残業はありますが、部署によって月間の残業時間は大きく異なります。これまで残業を強要されるようなことはありませんでした。また休日出勤においても、強要されるようなことはこれまでなく、休日当日に急遽出勤できるか等を問われたり、実際に出勤したりしたことは今まで一度もありません」

(ショップスタッフ/20代前半女性/年収200万円/2015年度)

3位:宮崎県(正社員の総合評価:3.23)
地域活性化に向けて創業支援・農業振興などに積極的に取り組む「宮崎銀行」の口コミ

「休日出勤はありません。残業は毎日1時間程度ありました。月曜日や金曜日、また月末は忙しいのでそのときによって残業の時間は異なりますが、女性が遅くまで残業するということは基本的にはないと思います」

(財務・会計関連/20代前半女性/年収200万円/2013年度)

4位:長野県(正社員の総合評価:3.21)
諏訪市に本社を構える精密機器メーカー「セイコーエプソン」の口コミ

「年間で5日程度、フレックス休暇という名の、有給休暇以外で自由に休みを設定することができる制度があります。また、有休そのものも取りやすい雰囲気にあり、取る人は100%取得していました。土日出勤もほぼありませんでしたので、十分にプライベートの時間を作ることができます」

(研究開発/20代後半男性/年収500万円/2012年度)

5位:徳島県(正社員の総合評価:3.16)
日本の輸液のリーディングカンパニー「大塚製薬工場」の口コミ

「基本給は大手製薬会社にやや劣るが、その分ボーナスでカバーされている。4年以上働くとボーナスは基本給の8か月分支給されるので、業界内でもトップクラスの額になる」

(研究開発/20代後半男性/年収500万円/2017年度)

5位:愛媛県(正社員の総合評価:3.16)
「焼肉のたれ」で有名な「日本食研ホールディングス」の口コミ

「一般的な食品メーカーとは違い、問屋を通さず直販で商売をしているため小回りが効くし、何から何まで自分で考えて行動できるためうまくいったときのやりがいは大きい。エリアごとに担当を持ち、主に業務用製品の営業をする場所では、新規開拓を行うほか展示会の企画、場所取り、実施まで全て自分で行える」

(ルートセールス/20代前半男性/年収350万円/2015年度)

7位:東京都(正社員の総合評価:3.14)
携帯電話契約数の国内シェア1位 「NTTドコモ」の口コミ

「福利厚生がとても良い会社です。有休は100%取得でき、ポイント制度で毎年人間ドックを無料で受けることなどができます。ポイントはその他にジムなどにも使えます。研修制度なども充実しており、自分のやる気さえあれば、さまざまな自己研鑽の機会に恵まれます」

(広報/30代前半女性/年収900万円/2017年度)

7位:大阪府(正社員の総合評価:3.14)
ぶどう酒の製造販売からスタート 創業120年の歴史「サントリーホールディングス」の口コミ

「約3年前から全社の働き方改革が進み、かなり残業が減り、休日出勤がほぼなくなりました。一部繁忙期など特殊事情のぞく、本社では深夜残業もほぼ存在しない。地方事業所や工場などはより忙しいが、徐々に改善されてきたと聞いている。特に文句はない」

(プラント施工管理/20代後半男性/年収600万円/2018年度)

9位:鹿児島県(正社員の総合評価:3.08)
鹿児島で95の店舗を展開する総合小売業「タイヨー」の口コミ

「残業、休日出勤も数か月に一度くらいの頻度でしかないので、全く苦にならない。ちゃんと給料も支払われるので。社員のモチベーションも非常に高く、周りに影響を受けながら働くことができ非常に良い職場である」

(電気・電子回路設計/30代後半男性/年収520万円/2015年度)

9位:長崎県(正社員の総合評価:3.08)
佐世保で創業、TVショッピングで知られる「ジャパネットたかた」の口コミ

「拠点によっては『リフレッシュ休暇』という最大9日間の長期休暇をもらえるようになりました。社会人になって長期休暇をいただけると思っていなかったので、この制度はとてもありがたいです」

(クリエイティブ関連職/20代後半女性/年収250万円/2015年度)

9位:富山県(正社員の総合評価:3.08)
ICT技術を用いて独自サービスを提供する「インテック」の口コミ

「1対1の割合で女性が働く珍しいIT企業です。そのぶん、女性に対する制度は充実しており、育児休暇を取得し、その後復帰する方もとても多く見られます」

(プログラマ/30代前半男性/年収400万円/2014年度)

9位:神奈川県(正社員の総合評価:3.08)
横浜に本社を置くグローバル企業 「日産自動車」の口コミ

「有給休暇は年間で何日取得するようにと部署ごとに決まっており、独自に推奨日が設けられています。ファミリーサポート休暇なる制度もあり、両親の介護や子どもの学校行事・体調不良などに柔軟に対応することができます(有給休暇とは別に年間5日程度の出勤率保証での休暇が可能)」

(研究開発/20代後半男性/年収500万円/2018年度)

調査概要「正社員が働きやすい都道府県ランキング」

調査対象:キャリコネに登録された企業情報の所在地に基づき、企業を都道府県別に分類。対象期間中に「キャリコネ」に正社員のユーザーから評価が寄せられた企業を抽出し、都道府県別に評価の平均値を算出

対象期間:2017年4月1日~2018年3月31日

構成/ino

@DIME

最終更新:11/15(金) 11:44
@DIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事