ここから本文です

男子はコールマン・ウォンが優勝、駒形怜哉は3位 [ジュニアテニス]

11/15(金) 13:30配信

テニスマガジンONLINE

 住友ゴム工業株式会社が主催する「2019 DUNLOP ROAD TO THE AUSTRALIAN OPEN JUNIORS IN YOKKAICHI」(三重県四日市市・四日市テニスセンター/11月11~14日/ハードコート)が開催され、男女の優勝者が決定した。

2019年オーストラリアン・オープン・ジュニア|PHOTOアルバム

 13人が出場した男子の決勝は海外勢同士の対戦となり、第1シードのコールマン・ウォン(香港)が第3シードのリン・ナン シュン(台湾)を6-3 6-3で下して優勝を飾った。

 日本勢は6人が出場して4人が決勝トーナメントに勝ち進み、4強入りした第7シードの駒形怜哉(TEAM YONEZAWA)が3位入賞を果たした。

 この大会はアジア・オセアニア地域から17歳以下のトップ選手を招待招待し、男女の優勝者には翌年のオーストラリアン・オープン・ジュニア本戦の出場権が与えられる。試合はグループごとのリーグ戦を戦い、上位2名ずつが決勝トーナメントに進出する形式で行われた。

<大会結果|男子>

■決勝

○1コールマン・ウォン(香港)[1] 6-3 6-3 ●5リン・ナン シュン(台湾)[3]

■3位決定戦

○駒形怜哉(日本/TEAM YONEZAWA)[7] 6-1 6-1 ●チャン・ユンソク(韓国)[2]

■準決勝

○1コールマン・ウォン(香港)[1] 6-4 6-4 ●3駒形怜哉(日本/TEAM YONEZAWA)[7]

○5リン・ナン シュン(台湾)[3] 7-6(7) 2-6 7-5 ●8チャン・ユンソク(韓国)[2]

■準々決勝

○1コールマン・ウォン(香港)[1] 6-1 6-3 ●2堤隆貴(日本/四日市工業)

○3駒形怜哉(日本/TEAM YONEZAWA)[7] 6-2 4-1 Ret. ●4高悠亜(日本/関西高校)

○5リン・ナン シュン(台湾)[3] 6-3 6-2 ●5三好健太(日本/桜田倶楽部)[8]

○8チャン・ユンソク(韓国)[2] 7-6(1) 2-2 Ret. ●7シン・ウビン(韓国)[4]

■グループA

○コールマン・ウォン(香港)[1] 6-2 6-2 ●山中朝陽(日本/四日市工業)

○三好健太(日本/桜田倶楽部)[8] 6-4 6-3 ●山中朝陽(日本/四日市工業)

○コールマン・ウォン(香港)[1] 6-2 6-1 ●三好健太(日本/桜田倶楽部)[8]

【グループA|最終順位】

1位 ウォン:2勝(セット4-0、ゲーム24-7)
2位 三好:1勝1敗(セット2-2、ゲーム15-19)
3位 山中:2敗(セット0-4、ゲーム11-24)

■グループB

○チャン・ユンソク(韓国)[2] 6-2 6-2 ●高悠亜(日本/関西高校)

●カイル ローク イン・タン(香港)[5] 5-7 4-6 ○高悠亜(日本/関西高校)

○チャン・ユンソク(韓国)[2] 6-1 6-3 ●カイル ローク イン・タン(香港)[5]

【グループB|最終順位】

1位 チャン:2勝(セット4-0、ゲーム24-8)
2位 高:1勝1敗(セット2-2、ゲーム17-21)
3位 タン:2敗(セット0-4、ゲーム13-25)

■グループC

○リン・ナン シュン(台湾)[3] 7-6(5) 7-5 ●堤隆貴(日本/四日市工業)

●タナパット・ニルンダム(タイ)[6] 6-7(2) 2-6 ○堤隆貴(日本/四日市工業)

○リン・ナン シュン(台湾)[3] 6-1 6-2 ●タナパット・ニルンダム(タイ)[6]

【グループC|最終順位】

1位 リン:2勝(セット4-0、ゲーム26-14)
2位 堤:1勝1敗(セット2-2、ゲーム24-22)
3位 ニルンダム:2敗(セット0-4、ゲーム11-25)

■グループD

○シン・ウビン(韓国)[4] 6-0 6-2 ●若松玄登(日本/パブリックTE)

○駒形怜哉(日本/TEAM YONEZAWA)[7] 6-1 2-6 [10-7] ●Shisanuphong POKINSAGETHASIRI(タイ)

○シン・ウビン(韓国)[4] 6-0 6-2 ●Shisanuphong POKINSAGETHASIRI(タイ)

●駒形怜哉(日本/TEAM YONEZAWA)[7] 3-6 0-6 Ret, ○若松玄登(日本/パブリックTE)

●シン・ウビン(韓国)[4] 1-6 5-7 ○駒形怜哉(日本/TEAM YONEZAWA)[7]

○Shisanuphong POKINSAGETHASIRI(タイ)7-5 6-2 ●若松玄登(日本/パブリックTE)

【グループD|最終順位】

1位 駒形:2勝1敗(セット4-3、ゲーム25-25)
2位 シン:2勝1敗(セット4-2、ゲーム30-18)
3位 POKINSAGETHASIRI:1勝2敗(セット3-4、ゲーム22-28)
4位 若松:1勝2敗(セット2-4、ゲーム22-28)

最終更新:11/15(金) 13:30
テニスマガジンONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事