ここから本文です

ザ・ノース・フェイスが環境に配慮した特別モデルを製作!

11/15(金) 14:51配信

GQ JAPAN

アノラックパーカー、フリースジャケット、Tシャツの3型!

【環境に配慮した新作3型を写真で細部まで見る!】

南極横断隊のチャレンジ精神

ザ・ノース・フェイスは11月15日、環境に配慮した素材をつかった特別モデル3型を発売する。アノラックパーカ、フリースジャケット、Tシャツのラインナップとなり、ザ・ノース・フェイスの一部店舗、公式オンラインストアで発売する。

特別モデルの販売は、ザ・ノース・フェイスを運営するゴールドウインがスタートした環境問題を考えるプロジェクト、「THINK SOUTH FOR THE NEXT(シンク サウス フォー ザ ネクスト)」の一環だ。1990年に日本人の冒険家である舟津圭三をふくむアメリカ、イギリス、フランス、中国、そしてソビエト連邦(現ロシア)の6カ国の探検家が約6,400kmの南極犬ぞり横断を行った活動にちなみ、地球温暖化による南極の海氷減少などの環境問題を次世代に伝えていこうとする企画である。ザ・ノース・フェイスは当時の南極横断隊にウェアを提供しており、今回の特別モデルでは素材の一部に再生資源を利用、ペットボトルなどの廃棄物を洋服の原料にしてもとの資源より価値の高いものをつくるアップサイクルを提案した。各アイテムの背中には1990年の南極大陸横断に参加した6カ国の国旗が、左腕には南極横断隊のロゴワッペンがつけられている。

▼トランスアンタークティカ パーカ

ゴアテックス仕様の防水シェルジャケットの表地素材は、排出されたくず綿を再利用した70デニール リサイクルナイロンをつかった。撥水材には環境への懸念のある過フッ素化合物類を含まないものを選んでいる。南極横断隊員が当時着用したウェアをベースにし、着丈をお尻が隠れるあたりまで長めにアレンジした。70,000円。

▼トランスアンタークティカ フリースジャケット

素材のマイクロフリースは、使用済みペットボトルを原料とした。脇下につけた大型ベンチレーションが蒸気を逃し、高い保温力と快適な着心地をそなえる。32,000円。

▼ショートスリーブトランスアンタークティカTシャツ

1990年の南極横断隊オーガニックコットン100%の半袖Tシャツの生産は、安全性、児童労働などの面での社会的規範を守った工場で行なっているという。前身頃にプリントした1990年の南極横断隊の写真は、隊員のひとりだったアメリカ人のウィル・スティーガーが撮影したものだ。6,500円(すべて税抜)

THINK SOUTH FOR THE NEXT Collection
発売日:2019年11月15日(金)

【販売店舗】
THE NORTH FACE + サッポロファクトリー店
THE NORTH FACE + エスパル仙台東館店
THE NORTH FACE GRAVITY HAKUBA
THE NORTH FACE Mountain
THE NORTH FACE PLAY
THE NORTH FACE 昭島アウトドアヴィレッジ店
THE NORTH FACE + 名古屋ラシック店
THE NORTH FACE + グランフロント大阪店
THE NORTH FACE 福岡店
THE NORTH FACE 京都店
GOLDWIN WEB STORE

文・GQ JAPAN編集部

最終更新:11/15(金) 14:51
GQ JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事