ここから本文です

フェデラーが準決勝へ、ジョコビッチは年末世界1位奪取ならず [男子テニス]

11/15(金) 19:01配信

テニスマガジンONLINE

 男子トップ8によるエリート大会「Nitto ATPファイナルズ」(イギリス・ロンドン/11月10~17日/賞金総額900万ドル/室内ハードコート)の大会5日目はグループ・ビヨン・ボルグのラウンドロビン(総当たり戦)第3戦が行われ、第3シードのロジャー・フェデラー(スイス)と第8シードのマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)が勝ち星を挙げた。

Nitto ATPファイナルズ2019|PHOTOアルバム

 グループ突破がかかった大一番を制したフェデラーは、今年のウインブルドン決勝の記憶が本当に過去のものとなったところを示して見せた。

 ウインブルドンでの伝説的5セットマッチ以来となるフェデラーとノバク・ジョコビッチ(セルビア)の対戦で、フェデラーは出だしから優勢を保ったまま6-4 6-3で勝利をおさめ、準決勝進出を決めた。

「素晴らしいプレーができた。そして、そうしなければならいことはわかっていた」とフェデラーは試合後にコメントした。「傑出したパフォーマンスを生み出すことができた。魔法のようだったよ」。

 それはフェデラーにとって、2015年以来となるジョコビッチに対する勝利だった。フェデラーはジョコビッチが第5セットでふたつのマッチポイントを凌いだ7月のウインブルドン決勝を含め、ここ5対戦でジョコビッチに敗れていたのだ。

「いうまでもなく、ノバクを倒すというのは常に特別なことだ。(ウインブルドンで)起きたことゆえに、一層そうだと言える」とフェデラーは語った。「でも僕は、幽霊を消し去らなければいけないとか、そんなことを感じていた訳でなかった。あのあと、僕はかなり速やかに次のことに移っていったと感じている」。

 ジョコビッチが3つのサービスブレークを比較的安易に与え、フェデラーは彼に巻き返すチャンスをまったく与えなかったため、この試合にはあのウインブルドンでの試合のようなドラマはなかった。

 1時間13分しかかからなかったこの試合には、ジョコビッチがサービスゲームをラブゲームでブレークされるという形で終止符が打たれた。

「今日の彼は、すべての面で優れた選手だった。間違いなく、彼は勝つに値した」とジョコビッチは相手を称えた。「ただ僕の側から見て、かなりまずい試合だったよ」。

 この試合の結果、第2シードのジョコビッチはグループ・ラウンドの成績1勝2敗で敗退し、そのためラファエル・ナダル(スペイン)が年末世界ランキング1位の座をキープすることが決まった。ジョコビッチはこの大会に優勝することができればナダルを追い越し、ピート・サンプラス(アメリカ)とタイとなる6度目の年末ランキング1位を記録する可能性を手にしていた。しかし今、その夢はついえた。

「もちろん、それはシーズンの終わりに向けての大きなモチベーションだった」とジョコビッチは認めた。「でもコートに出ていくたびに、何かが懸かっているんだよ」。

 グランドスラムでふたり合わせて「36」のタイトルとATPファイナルズで「11」の優勝杯を獲った男たち同士の対戦だったが、ジョコビッチはこの試合2度目のサービスゲームでも2度ダブルフォールトし、2つのショットをネットに打ち込んでラブゲームでブレークされていた。

 フェデラーは第2セット2-1から唯一のブレークポイントに直面したが結局キープし、それから直ちにブレークに成功して3-2とリードを奪った。彼は2本のダブルフォールトを含め、わずか5本しかアンフォーストエラーを犯さずに試合を終えた。

「この試合には多くのことがかかっていた。僕のサービスはすごくよかったと思う。予測もよく、僕は明確なゲームプランを持っていた」とフェデラーは振り返った。「今夜、それは完璧なまでに機能した。そしてノバクに対し、それが機能するのが最後でないよう願っている」。

 第2セットの序盤にジョコビッチは肘に痛みを感じたが、それが来週マドリッドで開催されるデビスカップでのプレーを妨げるとは思わないと話した。

「痛みはかなり鋭かった。でも試合の残りをプレーすることはできたからね。もしそれが深刻な問題だったら、ラケットを持ち続けることはできなかっただろうと思う」と彼は説明した。「だからそれは単に、妙な具合に速い動きをしたことからくるものだったのだろう。そのあとの調子に問題を課すようなことはなかった」。

 これに先立つアフタヌーンセッションの対戦では、2敗して敗退の決まっていたベレッティーニが2勝ですでに準決勝進出を決めていた第5シードのドミニク・ティーム(オーストリア)を7-6(3) 6-3で破り、せめてもの1勝を手に大会から去ることになった。

(APライター◎マティアス・カレン/構成◎テニスマガジン)

LONDON, ENGLAND - NOVEMBER 14: Roger Federer of Switzerland and Novak Djokovic of Serbia embrace at the net after their singles match during Day Five of the Nitto ATP World Tour Finals at The O2 Arena on November 14, 2019 in London, England. (Photo by James Chance/Getty Images)

最終更新:11/15(金) 19:01
テニスマガジンONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事