ここから本文です

ジャニーズの結婚、それでも祝福された「昭和」と時代に耐える「平成」

11/15(金) 21:00配信

週刊女性PRIME

 11月12日夜、元フリーアナウンサーの一般女性との結婚が電撃的に発表された嵐の二宮和也。

【写真】かつて女子アナをしていたIさんの“独身時代”

 嵐のメンバーとしては初めてのことだが、ほかのグループでもメンバーの“最初の結婚”発表というものは、やはり大きな衝撃がファンの間に走る。

「なんといっても、キムタクのデキ婚は後にも先にも大きな衝撃でしたよね。工藤静香との結婚は2000年のことで、彼はまだ20代、アイドルとしての人気も絶頂でした。ファンの前で『オレ、今度、結婚します!』と堂々と宣言するという木村流を貫いたのも大きな話題になりました。

 また、かねてから恋人と噂されていた一般人女性でも、交際の噂のあった中山美穂でもなく、工藤静香を選んだことへの衝撃も大きく、いまだにアンチ工藤のキムタクファンが存在するほど、彼女の影響力はすごかったです」

 と、ある芸能ジャーナリストは言う。

ネット環境も大きな要因

 現在、6人中4人が既婚者となったV6で、最初に結婚したのは井ノ原快彦だ。

「イノッチの場合、ツアー初日のMCで、いきなりの発表でしたからね。会場は泣き崩れるファンなど阿鼻叫喚(あびきょうかん)だったと聞きます。岡田准一の場合は、ファンクラブの会員あてに、結婚報告の封書が届きました。お相手はかねて噂されていた宮崎あおいさんだったわけですが、それがくしくもクリスマスイブだったことから、ファンにとっては地獄のクリスマスプレゼントになったという逸話もあります」

 では、昭和の時代から活躍するジャニーズはどうだったのだろうか。近藤真彦や東山紀之、植草克秀などはいずれも既婚者だが、彼らが結婚した際のファンの衝撃ぶりは、上記の例などに比べると落ち着いていたような印象がある。

「それは、中堅以下のジャニーズと芸能活動のスタイルが異なった場所にいたからだと思います。露出も抑えめになり、大人の男性としてファンも見守り、素直に祝福できるような環境だった。あと、ネット環境がまだ整っていなかったりしたことも、拡散力としては今とは比べものにならないでしょう。

 今回の二宮くんは、お相手の方の名前を入れたハッシュタグがトレンド入りする現象がみられました。かつての大野くんの交際騒動も、ネットでの炎上が破局の理由のひとつだったと思います。ひとりの男性ではあるものの人気の度合いによって、それなりの大人になっても結婚するタイミングやお相手選びの難しさは感じます」(同)

 いうまでもなくジャニーズファンの大半は女性。ファンに夢を与える存在ということもあり、キムタクを筆頭に、家族のことは自らはほとんど発信しないのがジャニーズスタイルだ。

1/2ページ

最終更新:11/15(金) 21:00
週刊女性PRIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事