ここから本文です

医学部受験「予備校通い」しても成績が上がらない受験生の特徴

11/15(金) 15:00配信

幻冬舎ゴールドオンライン

医学部受験は長期戦です。2浪や3浪は当たり前、5浪を超える人だって、何ら珍しい話ではありません。大手予備校に通う人は多いですが、ただ予備校に入って満足してはいませんか? 成績を上げるには、闇雲に勉強するのではなく、まずは「勉強のコツ」について学ぶことが大切です。『逆転合格を実現する 医学部受験×パーソナルトレーナー』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集し、解説します。

医学部受験「有名予備校」通っても成績が上がらない人

医学部受験では、成績を上げるため、多くの人が予備校に通います。受講生を100人も収容できるような大きな教室で講義が行われることもあります。同じ予備校で同じ講義を受けて成績を大きく伸ばす人もいれば、そうでない人もいます。受講したのが有名なカリスマ講師のすばらしく分かりやすい講義であっても、このことは変わりません。では、成績を上げられない人が出てしまうのはなぜでしょうか。

実はこの理由は特に難しいものではありません。成績が伸びるプロセスについて、シンプルに考えてみましょう。

成績が伸びるためには、

(1) 分からないこと、できないことを見つける

(2) 知識を得たり、練習をしたりしてそれを克服する

(3) 成績が伸びるというプロセス

が必要です。

予備校の講義というのは、(2)の「知識を得る」というところをカバーするものです。しかし、本来成績を上げるためには「自分はどこでつまずいているのか」、「どこができないのか」を事前に把握しておかなければなりません。知識の穴を埋めることによってのみ成績は伸びるからです。予備校で講義を受ける人のうちどのくらいの人が、自身の弱点を「正確に」把握しているでしょうか。

また、たとえ自身の弱点を把握できていたとしても、予備校の講義は多数を対象としているため、高学力者にとっては「授業の内容が簡単すぎて役に立たなかった」ということもあり得ます。知っていることを重ねて聞いても、成績は伸びません。

では、「勉強が苦手で、初めて聞くことばかりだった」という場合はどうでしょうか。すべてを吸収できてみるみる成績が上がるのでしょうか。残念ながらそんなことはありません。そこまで知識がない状態では、何を言っているのかさえさっぱり分からない、となってしまうでしょう。

では、予備校に通って成績が上がるのはどんな人でしょう。集団授業で成績が上がるのは、その講義がターゲットとする学力層(上過ぎても、下過ぎてもダメです)、さらにその講義で得られた新たな知識を定着させるためにきちんと復習ができた人です。

予備校には、教科書や参考書を読むだけでは理解が難しい内容について、分かりやすくかみ砕いたすばらしい講義を行ってくれる講師は少なくありません。問題の解き方、知識の入れ方、情報の整理の仕方を鮮やかに説明して、学力アップの方法を示してくれる講師はとてもすばらしいものです。自分のレベルが予備校のカリキュラムにぴたりと合えば、成績は上がりやすいでしょう。

1/4ページ

最終更新:11/15(金) 15:00
幻冬舎ゴールドオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事