ここから本文です

侍J不人気で韓国がプレミア12の「強奪」を画策

11/15(金) 9:00配信

JBpress

 ここまで盛り上がらない侍ジャパンがらみの国際大会も珍しい。野球の国際大会「プレミア12」だ。

11月12日の日本vs.アメリカ戦の一コマ。客席には空席が目立つ

 4年に1度行われる同大会は2回目の開催。WBSC(世界野球ソフトボール連盟)ランキング上位12の国と地域が世界一を目指す戦いに臨んでいる。開催国として参加できる日本を除いては東京五輪出場権のかかる大会でもあり、限りなく本気モードだ。もちろん日本代表・侍ジャパンも「プレ東京五輪」の意味合いを兼ねる今大会にかける思いは強い。スーパーラウンドと決勝戦の開催国として日本のファンの前で優勝を果たし、来年の金メダル奪取に弾みをつけたいところ。しかしながら多くの見どころがあるようでも世の中からの関心はそれほど得られていない。

■ 「客席は映すな!」

 13日のスーパーラウンド・日本対メキシコ戦(東京ドーム)中継の視聴率は平均14.1%(以下数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)。瞬間最高視聴率は20.1%で数字的にはだいぶ健闘しているように見える。だが、それまで台湾で行われていた1次リーグB組の3試合、スーパーラウンド2試合の中継平均視聴率については、いずれも10%越えでまずまずの数字だったとはいえ「キラーコンテンツ」とはお世辞にも言い切れない。テレビ朝日とTBSがそれぞれ数億円単位の放映権料をWBSC側に支払っていることを考えれば、両局関係者が「費用対効果は得られていない」と口をそろえるのも頷ける。

 極めつけは、日本で行われているスーパーラウンドで侍ジャパンの試合が不入り続きとなっている点だ。13日のメキシコ戦の観客数は3万1776人。代表戦にもかかわらず、東京ドームが満員にならないのだから何とも寂し過ぎる数字だ。しかも実はこの一戦が13日現在でのスーパーラウンド最多観客数。黒星となった12日の米国戦は好カードだったものの、2万7827人しか入らなかった。

 強化試合を除く2015年以降の国際大会では東京ドーム開催の日本戦で初めて3万人に届かず、侍ジャパンを運営するNPBエンタープライズの関係者をがく然とさせたのは言うまでもない。

1/3ページ

最終更新:12/5(木) 12:20
JBpress

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事