ここから本文です

森保Jは停滞期に入っていないか?とりわけ無風状態の両サイドバックで試してほしい人材たち

11/15(金) 14:32配信

SOCCER DIGEST Web

実力があるから起用されるわけで、彼ら二人に問題はない

 11月14日のキルギス戦は、何度も危険なシーンを作られながらもGK権田修一が素晴らしい反応で失点を許さず、2-0で勝利した。これでカタール・ワールドカップ・アジア2次予選は対戦相手のレベルもあるが4試合連続完封勝利。今年最後となる2次予選の試合をしっかりと締めた。

【ハイライト動画】キルギスに苦戦した森保ジャパン、セットプレー2発で辛勝。2次予選4連勝

 センターラインの軸は吉田麻也、柴崎岳、大迫勇也らでしっかり固まっている。ただ、彼ら以外の各ポジションは攻撃陣をはじめ、今もなお激しいレギュラー争いが繰り広げられている。キルギス戦では中嶋翔哉がスタメンから外れ、ボランチの柴崎のパートナーも今回は遠藤航がスタメンだったが、途中から山口蛍が出場し、これからもベストカップリングを探していくことになるだろう。その中で、やや無風のポジションがあるのが気になる。左右のサイドバックだ。

 森保一が日本代表の監督になってからキルギス戦で20試合目になるが、主要な試合であるアジアカップでは7試合中6試合、そして9月にワールドカップ・アジア2次予選が始まってこのキルギス戦まで4試合すべて左SB長友佑都+右SB酒井宏樹のセットがプレーしている。

 それ以外の試合では室屋成、佐々木翔、安西幸輝、西大伍などがプレーしていたが、彼らの出場は親善試合とアジアカップでわずかに1試合(佐々木+室屋)のみで、ワールドカップ・アジア2次予選ではまだ出場機会を得られていない。大事な試合は長友+酒井のセットが独占状態だ。キルギス戦も室屋、安西、佐々木がメンバーに入っていたが、バックアップの域を出られず、今後もおそらく長友+酒井がファーストチョイスになっていくのだろう。

 長友は、ワールドカップでは10年の南アフリカ大会から3大会連続でレギュラーを務め、酒井は18年のロシア大会で主力としてプレーした。そして、森保監督の日本代表においても主軸となりえるだけの経験と素晴らしいパフォーマンスを見せている。実力があるから起用されるわけで、彼ら二人に問題はない。

 だが、このままの状態がいいとは思わない。

 ベテランの域に入る彼らも下の世代の突き上げがあることで、さらに成長していけるはずだが、今のところそういう環境にはない。今のままでは彼らにとって日本代表は“現状維持”になり、それではカタール・ワールドカップ本大会になってからのパフォーマンスが心配になる。世界はどんどん進化しているので、それに対応していくためには年齢に関係なく成長が欠かせないのだ。

 ザッケローニ監督、ハリルホジッチ監督時代には酒井高徳がレギュラーを脅かすポジションにおり、二人ともうかうかしていられない状況だった。半端なプレーをしたら入れ替わられるという危機感がふたりの成長を促したのは、間違いないだろう。

 また、ふたりが故障して、離脱した場合はどうするのか。来年からは最終予選が始まるので、そういうリスクがゼロではないのだ。今、二人を脅かす存在がいないと嘆いても仕方がない。

1/2ページ

最終更新:11/15(金) 16:02
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事