ここから本文です

生き残りへの覚悟を滲ませていた原口元気の一発回答!2年連続のキルギス戦FK弾は苦境脱出への契機となるか

11/15(金) 13:52配信

SOCCER DIGEST Web

「久しぶりに出ると分かって、緊張じゃないけどちょっとメラメラする部分があった」

「チャンスを掴むか掴まないかは自分次第。必要とされる時は来るんで、その時に(実力を)証明するだけだと思ってます」

【動画】原口元気が鮮やかな直接FK弾! キルギス戦ハイライト

 14日の2022年カタールワールドカップ2次予選・キルギス戦(ビシュケク)に向け、日本代表に合流した際、原口元気(ハノーファー)は少ない言葉の中に生き残りへの覚悟をにじませていた。


 2018年ロシア・ワールドカップ16強戦士のひとりでありながら、今回の予選突入後は出番が減少。序列低下が顕著になっていた。所属のハノーファーも今季ドイツ・ブンデスリーガ2部で低迷。彼自身もボランチや右サイドバック、右MFで起用され、本職の左MFで使ってもらえない日々が続いていた。

 まさに八方塞がりと言ってもいい苦境を打開するには、数少ないチャンスを生かすしかない。堂安律(PSV)と久保建英(マジョルカ)というU-22世代のアタッカーの招集が見送られたうえ、中島翔哉(ポルト)に代わってスタメン抜擢された今回は、自身の存在感を再認識させる非常に重要な機会。「昨日久しぶりに出ると分かって、緊張じゃないけどちょっとメラメラする部分があった」と彼は高ぶりを抑えられなかったという。

 キルギスが日本の左サイドを狙い撃ちにしてきたこともあり、序盤は持ち前のタテへの推進力を発揮できず苦しんだ。それでも20分過ぎには永井謙佑(FC東京)に鋭いスルーパスを出し、34分には酒井宏樹(マルセイユ)の右クロスに飛び込んでゴールを狙うなど、持ち前の積極性が徐々に出てきた。

 南野拓実(ザルツブルク)のPK奪取によって1点リードで折り返した後半。立ち上がりの53分、FKの場面でキッカーに名乗りを挙げた原口はペナルティエリア手前中央から華麗なゴールを叩き込むことに成功する。ちょうど1年前のキルギス戦(豊田)でも直接FK弾を決めている男が同じ相手から再びFKゴールを奪ってみせたのだ。

「たまたま(2度とも)キルギスなだけで、練習はずっとしてたんで、あそこのコースに対して自信があった。去年は(GKのミスもあって)納得いくゴールじゃなかったけど、今回はある程度いいボールを蹴れたかなと思う」と前向きに言う一撃が勝利を引き寄せるダメ押し弾となった。

1/2ページ

最終更新:11/15(金) 13:52
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事