ここから本文です

寺島しのぶが“卍固め”?柳葉敏郎、現役レスラーも参戦で波乱の予感!<時効警察>

11/15(金) 6:30配信

ザテレビジョン

11月22日(金)放送の「時効警察はじめました」(毎週金曜夜11:15-0:15ほか、テレビ朝日系)第6話に、寺島しのぶ&柳葉敏郎がゲスト出演。並々ならぬ、ある“愛”を持って挑んだという2人と、出演する現役レスラーのHARASHIMA、佐々木大輔、男色ディーノからコメントが届いた。

【写真を見る】オダギリジョー、麻生久美子、吉岡里帆が現役レスラーとリングで撮影!

時効になった事件を“趣味”で捜査する男・霧山修一朗(オダギリジョー)が、名(迷)助手・三日月しずか(麻生久美子)と共に未解決事件の謎に挑むシュールな脱力系コメディーミステリー「時効警察はじめました」。第6話では、試合前に何者かに負わされた頭部の傷が原因となり、プロレスラーがリング上で息絶えた時効事件を、霧山が捜査する。

寺島は、死んだレスラーが所属していた「気合プロレス」のカリスマCEO役、柳葉は、寺島演じるCEOを“お嬢”と呼んで慕うレフェリー役で出演する。

■ 寺島しのぶ(枕木葵 役) コメント

――「時効警察はじめました」出演の決め手をお聞かせください。

出演の決め手はプロレスという題材とプロレス団体CEOという役どころでしたね。私は一時期、本気で女子プロレスラーを目指していたこともあって、女子プロレスが全盛期だったときにはクラッシュ・ギャルズさんが大好きで、当時はしょっちゅう技を練習していたんです。だから、撮影でも初日から興奮して! ほかの出演者が技をかけるシーンを見ていたらウズウズしちゃって、現場にいらっしゃった現役プロレスラーの方にお願いして、卍固めをかけさせていただいちゃいました。そしたら「技のかけ方が速い」と褒められて、すごくうれしくて! やっぱり体が覚えているんです(笑)!…って、私はレスラーか!?昔、良く練習していたので体が勝手に動いてしまう部分は、葵を演じる上でも出せたらいいな、と思っています。今回は人生初のプロレス団体CEO、そしてプロレス技をかけるのも得意という役柄。気合を入れて臨みたいと思います!

――葵は「気合プロレス」のCEOでプロレス技をかけるのも得意。どんなイメージをもって役に臨みましたか?

葵は下火になった「気合プロレス」のため、健気に頑張った人なんじゃないかなぁ、と思います。演じるにあたっては、いつものように自分であまり決め込まず、監督が望むことや共演者との掛け合いの中で芝居を作っていきましたね。その方が振れ幅も広くなって面白いし、何かがハッと生まれてきますから。実は今回、大九明子監督もプロレスがお好きだそうで、わざわざ言葉にしなくても「こういう感じですよね」と分かり合える部分があったんです。プロレス好きってやっぱり、いい人が多いですよね!

――実際の撮影はいかがでしたか? 何か印象的なエピソードなどはありますか?

リングの上で撮影が始まって、いい初日を迎えられました。リングに上がれただけで、ロープをまたげただけでもう…。リングは聖域です! マットの感触とかね…。実は興奮しすぎて、劇中でもアドリブで、オダギリくんに卍固めをかけちゃおうかなぁと思っていたんですけど(笑)、肩を最近痛めたと小耳に挟んだので止めよう、と。肩を痛めてなかったら、本当にやっちゃっていたかもしれないです。

■ 柳葉敏郎(シューレス猿又 役)コメント

――「時効警察はじめました」への出演オファーが来たときのお気持ちをお聞かせください。

以前から「時効警察」の大ファンで…! 出演できるなら人間の役じゃなくてもいい。なんなら墓石の役でもいいと思っていたほど、出演を熱望していたんです。今回やっと出演が実現し、オダギリ ジョーさんが演じる霧山くんにも会えて、うれしい限りです。ドラマを拝見しながら「きっと楽しい現場なんだろうなぁ」と感じていたし、「そういう現場に行ってみたいなぁ」という夢がかなって最高で~す(笑)!

――今回はレフェリーのシューレス猿又を演じますが、演じる上でこだわったことはありますか?

今回に関しては自分のこだわりはどうでもよくて、「とにかく『時効警察』の空気に溶け込めれば、それでいい!」と思っていたんですよ。おそらく今回ほど、監督のなすがままにやった仕事はエキストラ以来です。撮影中はもう“楽しんでいる自分”しかいなかったですね。目の前に、会うのが楽しみで仕方なかった生霧山がいるし、いつものメンバーがいるし…。空気を一緒に吸えている喜びでいっぱいでした! 本っ当に久しぶりに、肩に力を入れず、毎日を過ごしたなぁって思いますね。

――オダギリさんと麻生さんの印象についても教えてください。

最高で~す! だって、ファンなんだもん! その人たちに会えるなんて、こんな最高なことはないですよね。口元がずっとにやけてる自分がいました。(2人にファンだと伝えたのか尋ねると…)そんなこと、恥ずかしくて言えないです(照れ笑い)。だって、ファンだから! しつこくされると、あまりいい気持ちにならないだろうし、そんな気持ちにさせたくないですから。とにかく、今回は「時効警察」のコミカルさの根底にある“現場の真剣さ”を体感させていただき、うれしかったです。「時効警察」、最高で~す!

第6話には「DDTプロレスリング」の人気プロレスラーたちも出演。HARASHIMAが「気合プロレス」の現エース、佐々木大輔が時効事件で殺された看板選手、男色ディーノが丸山にベルトを奪取された元チャンピオンを演じる。

■ HARASHIMA(高原本気 役) コメント

出演が決まったときはビックリしましたし、プロレスをテーマにしていただけたことを、うれしく感じました。そして、あの世界観の中に入れるワクワク感で溢れていました! 撮影現場でのオダギリジョーさんは朴とつな感じ、麻生久美子さんはいつも綺麗で、吉岡里帆さんはとても優しかったです。慣れないことばかりで大変でしたが、とてもいい経験になりました。皆さん、いつもと違う僕を見て楽しんで下さい! この作品でプロレスに興味をもってくれる人が増えたら、うれしいです!

■ 佐々木大輔(丸山真剣 役) コメント

私の夢でありました役者デビューが、なんと「時効警察はじめました」への出演でかない、感激です。もうこの世に未練はありません! どうもありがとうございます。私が主に共演したのは寺島しのぶさん、柳葉敏郎さんでしたが、芝居初心者の私とも真正面から芝居をしてくださり、感激でした。私、普段はDDTプロレスでDAMNATIONという世捨て人軍団を率いていますので、今回の役は真逆の姿となっています。普段の私たちも素敵なので、プロレスもぜひ見てください。それでは来世で会いましょう。

■ 男色ディーノ(土倉髑髏 役) コメント

このたびは「時効警察」ファンの皆様、お目汚し失礼いたします。下手にプロレスラーであるが故に、「時効警察」という素敵なドラマに出させてもらうことができました。オダギリジョーさん、麻生久美子さん、吉岡里帆さん…3人とも優しくて、演技の素養もない私をフォローして下さいました。特にオダギリさんは、緊張してセリフを忘れた私に「セリフなんて流れに沿っていれば、あとは適当だよ」って言ってくれて、気が楽になりました。その通りに適当にセリフ言ったら、監督にちょっと怒られました(笑)。が、演技のプロではないので、そこら辺は差し引いて甘やかした目でご覧下さい。DDTプロレスファンの皆様には「これからは私のことを俳優、いや名優と呼べ!」と言ってやりたいです。いずれにせよ、監督、キャスト、スタッフの皆さんが面白く仕上げてくださいますので、皆さんお楽しみに!(ザテレビジョン)

最終更新:11/15(金) 6:30
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事