ここから本文です

「引き抜き屋~ヘッドハンターの流儀~」がビズリーチとコラボ! ヘッドハンティングの裏側をぶっちゃけトーク

11/15(金) 17:31配信

ザテレビジョン

11月16日(土)より、WOWOWプライムにてスタートする「連続ドラマW 引き抜き屋~ヘッドハンターの流儀~」。このほど、本作が日本を代表する会員制転職サイト「ビズリーチ」とタイアップし、ビズリーチに登録している優秀なヘッドハンター30人を招いたトークショーが行われた。

【写真を見る】現役のヘッドハンターたちがドラマを絶賛!

雫井脩介による原作をドラマ化した本作は、父親が社長を務めるアウトドアメーカー「フォーン」を突如クビになってしまった鹿子小穂(松下奈緒)が、自らヘッドハンターとなりクライアントやヘッドハンティング候補者のために奔走する姿を描く。

自らも会社を解雇された小穂が「人の人生を預かる仕事」にやりがいを見出していく一方、古巣であり父の会社でもある「フォーン」の経営に暗雲が立ち込めていくなど、単なる“お仕事モノ”に留まらないストーリーにも注目が集まっている。

■ 「候補者が想像もしていなかったような求人を案内できるか否かが勝負」(大谷氏)

トークショーには、同ドラマで監修を務めた株式会社VRPパートナーズの大谷幸宏氏、本作の村松亜樹プロデューサーが参加。

大谷氏は「ヘッドハンターというと、グレーなイメージを抱かれがちですが、ドラマではヘッドハンター側の視点で実務の裏側や人々の苦悩を描いているので、業界のイメージが変わると思います。ヘッドハンターという仕事に親しみを持っていただき、業界への認知度も高まれば嬉しい」と期待を込めた。

劇中では、松下演じる33歳の小穂が「ヘッドハンターの業界では若い」と言われるシーンがあるが、大谷氏は「転職に対するハードルが高くない現在において、ヘッドハンターの年齢層も全体的に若くなっている気がする」と現実を明かす。

続けて「手元にある求人を単純に案内するのではなく、キャンディデイト(ヘッドハンティング候補者)が想像もしていなかったような求人を案内できるか否かが勝負。

新しい価値観や可能性を提案することのできるヘッドハンターが生き残り、それ以外はAIに変わっていくのではないか」とヘッドハンター業界の未来を予想した。

■ 「転職とは自分の人生をよりよくするもの」(村松氏)

村松プロデューサーは「ヘッドハンターというと、影武者のような存在をイメージしがちだけれど、実際は一つ一つの案件に人間ドラマがあり、人と人を結びつける仕事をされている。素晴らしい職業だと思った」と本作の制作を通してそのイメージを一新させた。

大谷氏は仕事をする上で「相手に対して嘘をつかない」ことを流儀として「求人企業のネガティブな情報も、転職者に対して事前にしっかりと伝える。すべてに正直に向き合うようにしています」と血の通った関係性を重要視していた。

また、大谷氏は「ヘッドハンターは人生を預かる仕事」だとし「転職者の人生を考えたときに、条件のいいオファーがあったとしても、その方の状況や環境を考えて、すぐに動くのではなく 1 年後に動くようにしたりする。

それは転職するその時だけではなく、生涯に渡ってのキャリアパートナーという意識を持っているからこそ」とヘッドハンターとしての矜持を口にした。

最後に大谷氏は「ヘッドハンターという仕事を理解していただき、さまざまな方々に広く見てほしい」とドラマの放送に期待を。村松プロデューサーも「転職をすると前の会社を裏切ったように見られるけれど、転職とは自分の人生をよりよくするもの。そんなポジティブなメッセージを発信したつもりです」とドラマに込めた想いを明かした。

また、第1話を鑑賞した現役ヘッドハンターからは「改めて素晴らしい仕事だと思った」、「業務の実際の姿をテンポよく面白く見せてくれる」との声が上がった。知られざるヘッドハンターの世界をリアルに描いた同ドラマに注目だ。(ザテレビジョン)

最終更新:11/15(金) 17:31
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事