ここから本文です

バルサFWスアレス、新ストライカー補強の必要性を主張 「競争を促すことになる」

11/15(金) 10:10配信

Football ZONE web

来年1月に33歳となるスアレスが“新9番”の獲得について持論を展開

 バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、自身とポジションを争える新ストライカー補強の必要性を主張している。ウルグアイ地元メディア「Ovacion」で語った。

 スアレスは2014年にリバプールから加入し、今季で在籍は6年目となった。2015-16シーズンにはリーガで40得点を決めて得点王を獲得。同僚のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと前レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(現ユベントス)の2人が争っていた得点王争いに割って入った。

 バルサでも不動の地位を築いているスアレスだが、来年1月には33歳を迎える。今後のことを考えれば、クラブもその後釜について考えなければならない時期が近づいている。そうしたなか、スアレス自身も新戦力獲得の必要性を主張している。

「私の年齢的に、バルセロナが求める競争に応えられなくなる時が来る。しかし、私にまだ力があるうちは、私に競争を与えることが良いと思う。バルセロナが新しい9番を探したり、求めているとしても何ら不思議なことではない。それがフットボールの現実だ。それは私にとってもクラブにとってもベターなこと。それで競争を促すことになる。将来のためにもそのほうがいい。なぜなら、バルセロナの偉大な選手たちを助けるための準備ができるからだ」

 スアレスはチーム内の競争に刺激を与えるため、そしていずれ訪れる世代交代をスムーズに進めるためにも、自身に代わる新たな点取り屋の補強は必要になるだろうと持論を展開していた。

Football ZONE web編集部

最終更新:11/15(金) 10:10
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ