ここから本文です

「菊池桃子」の再婚報道、ワイドショーが元姑「五月みどり」に触れない深い事情

11/15(金) 11:01配信

デイリー新潮

過去にはCMで共演

 11月4日、菊池桃子(51)はブログを更新、経済産業省で経済産業政策局長を務める新原浩朗氏(60)との結婚を発表した。たちまち芸能メディアは、蜂の巣をつついたような大騒ぎになった。

 ***

 だが、民放キー局で番組制作に携わるベテランスタッフは、菊池の結婚を報じるワイドショーを見ながら違和感を覚えたという。「五月みどりさん(80)の名前が全く出てこなかったからです」と、その理由を説明する。

「経産省の新原局長は初婚だそうですが、菊池桃子さんは再婚。95年に入籍した西川哲さん(51)が最初の夫でした。当時の西川さんはプロゴルファーで、92年には約5100万円の賞金を獲得。若手ゴルファーの注目株でした。さらに芸能メディアも西川さんに注目したのは、母親が女優でタレントの五月みどりさんだったからです」

 菊池と西川氏は93年にゴルフのプロアマ戦でラウンドしたことがきっかけで、交際するようになった。発覚した時の報道を見てみよう。

 日刊スポーツが94年4月6日に掲載した「菊池桃子 西川哲とホットな交際も結婚否定 ドラマ、CM来年までギッシリ」には、以下のような記述がある。(註:引用部分は全てデイリー新潮の表記法に合わせた。引用文の年齢は当時。以下同)

《互いに両親も紹介し合った。「もし、二人の仲が公になった場合、家族にも取材の人が行くから迷惑がかかる。土台である身内が分からないと困るので、ちゃんと紹介しました」。西川の母の歌手五月みどり(54)に紹介された際には「頑張って」と笑顔で応援されたという。「彼の家族も、私の家族も、みんなが笑顔で応援してくれるので、うれしいですね」》

 前出のベテランスタッフは、民放キー局が、まるで申し合わせたように、五月みどりの名前を“封印”したように感じたという。

「ニュース番組なら分かります。それこそ前の夫さえ、可能な限り触れないようにしていた番組もあったほどです。しかしワイドショーは、西川さんについて言及していたにもかかわらず、彼の母親である五月さんの名前は伏せました。これは実に意外でしたね」

 報道の場合は、やはり内容の公益性やニュース価値が厳しく問われる。何でも放送すればいいというものではない。しかしワイドショーは、視聴者のニーズに応えることが極めて重要だ。

「そもそも菊池さんと五月さんは、仲のいい嫁姑として話題でした。テレビ局には多くの映像が残っているはずですし、ワイドショーの視聴者層である60代以上の男女にも関心を持ってもらえるに違いありません。ところが不思議なことに、ワイドショーはそろって沈黙を貫いたのです」(同・ベテランスタッフ)

1/4ページ

最終更新:11/15(金) 11:58
デイリー新潮

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事