ここから本文です

トライアウトで高木勇人が10球に 込めた思い「死ぬまで引退しない」

11/15(金) 6:00配信

webスポルティーバ

捕手のサインに頷き、ミットを目がけて力強く右腕をしならせる。渾身の一球に応えるかのように、捕球音がグラウンドにこだまする。

高卒3年でプロを解雇された男の決意。「軟式」からNPB復帰を目指す

「やっぱり野球は楽しいな」

 現役続行を懸けた"ラストチャンス"とも言われる12球団合同トライアウトの最中、高木勇人(30歳)は野球の醍醐味を存分に味わい、野球少年のように微笑んだ。

 10月3日、西武から戦力外通告を告げられた。2018年に野上亮磨の人的保障として巨人から移籍。在籍わずか2年間での宣告だったが、高木のなかに焦燥感のような感情は湧いてこなかったという。

「前の日(10月2日)に『球団事務所に来てください』と連絡があったので、その時点で自分のなかで戦力外を受けるなと。ただ、そうなっても自分のなかで、野球を続けていくと決めていたので。引退するわけでもないですし、次の道に進むための準備をしようと」

 海星高(三重)から三菱重工名古屋(愛知)を経てのプロ入り。高卒からドラフト指名まで7年の期間を費やした自分に、多くの猶予は残されていないことを悟っていた。

 また、ここで高木が発した"引退"は、一般的な「プロ野球選手の引退」とは少々意味合いが異なる。高木が続ける。

「野球に"しがみつく"というわけではありませんが、草野球とか、野球は一生できることなので......。自分にとっての引退は野球を辞めるとき。なので、引退はまだまだ先かなと。死ぬまで引退しないでいたいなとも思います」

 朽ちることのない、野球への思いを秘めて臨んだトライアウトを終え、報道陣の前に高木が現れた。その表情には充実感が漂っていた。

「(実戦登板は)2カ月ぶりぐらいだったので、一瞬、『あれっ、マウンドが遠いな』と感じてしまって。でも、投げていて本当に楽しかったです。時間としてはほんと一瞬だったと思うんですが、あの10球は、いいも悪いも自分の投げたボールだったので、満足じゃないですけど、しっかり投げられてよかったなと思います」

1/2ページ

最終更新:11/15(金) 15:21
webスポルティーバ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事