ここから本文です

人気ビストロのタルタルひつまぶしって何?目黒で肉デートなら絶対オススメな名店だ!

11/15(金) 5:20配信

東京カレンダー

さあ、12月に向けてデートが多くなる、恋人たちの季節がやってきた。

女性からの「お肉が食べたい」リクエストがきたら、まずはココを抑えるべし!

焼肉やしゃぶしゃぶとは違う、肉料理の美味しさを存分に楽しめる名店を紹介しよう。

フランスの美食家たちも惚れ込んだ齊田シェフが腕を振るう目黒の肉ビストロ!

デートに誘った女性から「お肉が食べたい」というリクエストがあったなら、目黒にある人気ビストロ『セラフェ』の席をリザーブしたい。

同店は、“パリでもっともおいしいステーキ店”と評されるビストロの海外初進出店・西麻布『ル・セヴェロ』の姉妹店として2018年5月にオープン。

腕を振るうのは、渡仏11年『ル・セヴェロ・パリ』に4年以上在籍した齊田武シェフだ。

あの名物も本店とはひと味違った味わいに

彼が同店で目指すのは「東京での"Le Bis du SEVERO"の再現」。本店でも人気の「和牛のタルタルステーキ」も、彼が現地で学んだ味と調理法で供されており、本店とはひと味違った味わいを楽しめる。

特徴は、包丁で手切りすることで生まれる肉の食感。柔らかさを重視してミンサーを使用する本店の味わいもいいが、この噛むほどに旨みが溢れる感覚もクセになる。

また、齊田シェフは生肉が苦手な人も食べやすいよう味付けにもひと工夫。ケイパー、エシャレット、塩、胡椒、オリーブオイル、マスタードに、卵黄やレモン汁を加えることで生肉の臭みが抑えられ、食べやすく仕上げられているのだ。

ワイン片手にじっくり味わいたいカルパッチョも美味

人気の「和牛のカルパッチョ」もぜひオーダーして欲しい一品のひとつ。

口に運ぶと、薄くスライスされた常陸牛の旨みと共に、オリーブオイルやライム、エシャレット、セルバチコ、トマト、パルミジャーノレッジャーノといった具材の美味しさが次々に押し寄せてくる。この旨みのかけ合わせが見事な一皿なのだ。

ライムは、表面を少しガスバーナーで炙ってから搾ることでエキゾチックな香りを引き出すなど、隠れた工夫も凝らされており、ワイン片手にじっくりと味わいたい逸品である。

1/2ページ

最終更新:11/15(金) 5:20
東京カレンダー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事