ここから本文です

40歳男子の朝食レシピ(2) ゆっくり起きたい週末の朝の贅沢ブランチ

11/16(土) 10:02配信

WEBUOMO

一日のスタートに食べる朝食。カラダを整えるためにもしっかり摂りたいところだけど、早起きしたくない週末は…こんなブランチはいかが?

教えてくれたのは…冷水希三子さん

素材の持ち味を十二分に引き出すシンプルさながら、一歩先ゆくしゃれたレシピを提案。ホテルやレシピのメニュー開発をはじめ自宅で開催している料理教室も大人気。

秋の味覚たっぷりの「食べるスープ」

「休日のブランチは、自分自身はもちろん、家族も気分と歓声が上がる一皿に挑戦したいもの。とろみのあるポタージュは、今が旬のきのこを複数ブレンドすることで、味や香りに奥行きが出ます。そこへゆでたレンズ豆や雑穀、スライスしたマッシュルームも添えることで食べごたえのある一皿に仕上げました」

【きのことレンズ豆と雑穀のポタージュ】
材料(2人分)
きのこ (今回はしいたけ、
マッシュルームを使用) 計200g
玉ねぎ 1/4個
牛乳 250ml
レンズ豆 50g
雑穀 25g
赤玉ねぎ(みじん切り) 大さじ1
白ワインビネガー 小さじ1強
マッシュルーム(薄切り) 4個分
パルミジャーノレッジャーノ 適量
オリーブ油 適量
塩 適量

作り方
(1)きのこ類は細かく、玉ねぎはざく切りにする。
(2)鍋にオリーブ油(小さじ2)と玉ねぎを入れ、塩(少々)を加え、ふたをして弱火で約10分、時々混ぜながら蒸らし炒める。(1)のきのこと塩(ひとつまみ)、オリーブ油(小さじ1)を加え、ふたをして10分ほど蒸らし炒める。
(3)(2)に水(250ml)と牛乳を加えて中火で熱し、沸騰したら弱火で約10分煮る。ミキサーにかけ、味が薄ければ塩で調える。
(4)鍋に湯を沸かし、レンズ豆と雑穀、塩(ふたつまみ)を入れやわらかくなるまで10~15分ゆで、ザルにあげる。
(5)ボウルに赤玉ねぎと白ワインビネガー、塩(少々)を入れて(4)を加え、オリーブ油(大さじ1)と塩(少々)で味を調える。
(6)器に(3)のポタージュを盛り、(5)をのせ、薄切りのマッシュルームを散らしパルミジャーノレッジャーノをふる。

1/2ページ

最終更新:11/16(土) 10:02
WEBUOMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事