ここから本文です

エシカルなスマートフォン「Fairphone 3」は、消費者の支持をどこまで集められるか

11/16(土) 12:11配信

WIRED.jp

紛争地帯の武装勢力の資金源となる鉱物を使用せず、従業員に人間らしい生活を送れるような賃金を払っている工場でつくられたスマートフォンがあるとしたら、ほかよりも200ポンド(約2万8,000円)高くても買おうと思うだろうか?

究極のシンプルスマートフォン「Light Phone II」

500ポンド(約70,000円)もして、時代遅れでデザインも“残念”なスマートフォンをとるか、革新的なテクノロジーを備えていて毎年進化していく安価な機種をとるか──。そんなことは考えてもみなかった、というユーザーも多いかもしれない。だが、これまでスマートフォンにまつわる人道的な問題について議論すると、結局このような話になってしまっていた。

こうしたなか、オランダのフェアフォン(Fairphone)が投入した450ユーロ(約5万3000円)の「Fairphone 3」によって、この問題はひとつの転換点を迎えることになる。

何か重大な欠陥が発覚しない限り、Fairphone 3は同社の売上記録を大幅に塗り替えることになると見られている。2013年から、Fairphoneは最初に発売したスマートフォン2種で計17万5,000台というそれなりの販売台数を記録している。それをFairphone 3では19年中に42,000台を売り上げ、20年には「さらなる展開」を目指すという。

現代のスマートフォンとして必要十分な性能

Fairphone 3は19年のスマートフォンにふさわしいレヴェルのスペックだと言っていい。ただ、それはサムスンの「Galaxy Note 10+」並みという意味ではない。どの程度かというと、現在われわれがコストパフォーマンス最高のスマートフォンとして挙げているモトローラの「moto g7」とほぼ同等だ。

ゴリラガラスを採用したフルHDスクリーン。ソニーのセンサーを備えた1,200万画素のリアカメラ。3,000mAhのバッテリー。本体のストレージ容量は64GBあり、microSDカードも使用できる。プロセッサーにはクアルコムの「Snapdragon 632」を採用し、4GBのメモリーを搭載している。800万画素のフロントカメラがあり、NFCとデュアルSIMに対応している。

ご存じの通り、moto g7の画面サイズは6.2インチで、水滴型のノッチを採用している。それに比べてFairphone 3のスクリーンはやや小ぶりな5.7インチで、ベゼルもわずかに古くさいところがある。

また、倫理性を優先した代償として、深度センサーや光学式手ぶれ補正機能がない。最先端の技術を楽しみたいのであれば、この機種は検討にも値しないだろう。しかし、普通のスクリーン、普通のカメラ、普通の性能を備えたAndroidスマートフォンが必要だというユーザーなら、十分な選択肢になりうる。

1/3ページ

最終更新:11/16(土) 12:11
WIRED.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事