ここから本文です

【家族のかたち】連れ子結婚で兄妹になった3つ下の妹。家族だけど、血の繋がらない微妙な関係

11/16(土) 11:10配信

サライ.jp

取材・文/ふじのあやこ


時代の移り変わりとともに、変化していく家族のかたち。幼少期の家族との関係を振り返り、自身も家族(パートナー)を持つようになったからこそわかるようになった思いを語ってもらいます。

今回お話を伺ったのは、都内にあるメーカーで法人向けの営業として働いている雄一さん(仮名・38歳)。雄一さんの大阪府出身で、小さい頃は両親との3人家族。小学生の時に両親が離婚し、その後雄一さんより3つ下の娘がいる男性と母親が再婚。微妙な距離こそあるものの、4人家族として仲は良好。しかし、高校生の時に母親が病気で他界してしまい……。

「母親が亡くなったのは私が大学進学を決めた後でした。母親がいなくなってしまったら、義父とのつながりもなくなると思っていました。義父と実の娘である妹の間のお邪魔虫みたいな感覚がずっとあったんです。高校を卒業したら働いて、家を出るべきだと思いました。でも、義父は僕に進学を当然のように勧めてくれて。本当にありがたかったです」

頼ることを教えてもらった大学生活を経て、大人になって義父とお酒を飲む間柄に

義父の転勤も落ち着き、大阪府内に戻ってきていた一家。雄一さんは大阪府内の大学へ進学し、そのまま実家で生活を続けます。

「高校の時からアルバイトはしていたんですが、それは自分のお小遣い稼ぎが目的でした。大学からは学費は払ってもらっているから、せめて参考書や学校で必要なものは自分で買おうと思い、ほぼ毎日アルバイトに明け暮れました。でも、義父はそれさえも払ってくれて。一度リビングでカバンの中を広げて探し物をしていた時があったんですが、そこで教材を自分で買っていたのがバレて、ちょっと怒られました(苦笑)。『子供が頼るべきところはちゃんと頼れ!アルバイトのしすぎで、学業を疎かにするな!』って。その時は一緒に生活を始めて、やっと私の人生の半分を超えたぐらい。自分はちゃんと父親の子供なんだなって、信じることができました」

大学を卒業後は実家こそ出るものの、大阪府内に就職して、たまに実家に帰省するようにしていたと言います。3人家族となった関係は良好に進んだのでしょうか。

「一度も悪かったことなんてないですよ。私の取り越し苦労で、勝手に壁を作っていただけですから。父親とは一緒にお酒を飲めるようになって、ぶっちゃけ話をできるようになりました。お酒の勢いに任せて、『あの時は2人きりで微妙だったよね』とお互いに言い合ったり。父親も本来はとても明るい人なので、『初対面から態度でかくて、怖かった~』とか、小学生の私に抱いていた思いも聞きました(苦笑)。

でも、妹とは……。元々実の兄妹でも、異性だと大人になってそこまで連絡って取り合わないじゃないですか。それにさらに遠慮が入っていて、父親を介さないと一緒に過ごす機会もありませんでした。妹は短大を卒業して働いていましたが、実家で暮らしていたので、私が帰省する度に接点はまだあったんですが」

1/2ページ

最終更新:11/16(土) 15:16
サライ.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事