ここから本文です

準備が苦手な人必見!旅のプロに聞いた「旅行荷物のパッキング術」教えます

11/16(土) 13:00配信

じゃらんニュース

旅行に出かける前、楽しくも悩ましいのが荷物のパッキング。

そこで今回は、これまで44カ国を訪れたという“旅のプロ”三田村蕗子さんの著書『旅行が200%楽しくなる!スーツケース収納術』から、収納メソッドを抜粋して大公開!不器用さんでも、面倒くさがりさんでも、簡単にできるワザをご紹介します。

旅行シーンをイメージしよう

パッキングをする上でまず大切なのは、旅行シーンをイメージすることです。
滞在日数は?旅行先で回る場所は?気温や湿度、天気など旅先の気候は?また、ホテルによってはアメニティやスリッパなどの必要性も出てくるでしょう。

2~3日の国内旅行であれば、持ち物は必要最低限で身軽に。万が一足りない物があってもコンビニや100円ショップなどで購入できます。

スーツケースやリュック、収納のキホンを知ろう

中に入れる荷物が決まったらパッキングです。
ハードタイプのスーツケースは「重いモノから順に、底側下部>フタ側下部>底側上部>フタ側上部」と収納することで、走行しやすく荷崩れしづらくなります。壊れやすいモノは、底側の中央よりもやや下部がおすすめです。

ソフトタイプのスーツケースは、「重いモノは下から、上になるにつれ軽いモノ」を入れましょう。

ちなみにスーツケースなどの容量目安は1日10リットルとされています。

リュック収納最大のポイントは、重いモノを「背面に近い中間部」に入れること。こうすることで、背負った時に感じる重さが格段に変わります。

衣類収納は“ちまき方式”をマスター!

さあ、いよいよ実際の詰め方についてです。

ここでご紹介するのは“ちまき方式”という衣類の収納方法。まず、持って行く衣類を丈の長いタイプ(A)と丈の短いタイプ(B)に分けてください。分類できたら、以下の手順でパッキングします。
※Aはワンピース、パンツ、シャツやブラウスなど。BはTシャツなどのカットソー類

【1】スーツケースの右、左、上、下と四方に洋服がはみ出すように一枚ごとに向きを変え、Aを重ねていく

【2】Bの洋服を一枚ずつたたんで重ね、1で重ね終わったものの中心に置く

1/2ページ

最終更新:11/16(土) 13:00
じゃらんニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事