ここから本文です

浪速の黒豹!? Jリーグでも活躍した“カメルーンの伝説”。五輪優勝に導いたゴール集

11/16(土) 23:00配信

フットボールチャンネル

 代表通算57試合に出場し33得点を記録した“カメルーン伝説”が15日に49歳の誕生日を迎えた。

もう一度見たい!? カメルーン代表として活躍したエムボマ氏のゴールはこちら

 パトリック・エムボマ氏はパリ・サンジェルマンやFCメスなどフランスのクラブでプレーした後、1997年にJリーグのガンバ大阪に移籍。28試合出場で25得点の活躍を見せ、“浪速の黒豹”という愛称で親しまれた。

 2000年に行われたシドニーオリンピックではオーバーエイジ枠の一人として代表入りし、チームを優勝に導いて金メダルを獲得。2002年の日韓ワールドカップにはカメルーン代表として大会に出場している。

 イタリアのカリアリやパルマなどを経て、2003年には東京ヴェルディに移籍し再び日本でプレー。2004年にはヴィッセル神戸にも在籍し、同クラブを最後に2005年5月に現役引退を表明した。国際サッカー連盟(FIFA)のワールドカップ公式ツイッターは、ゴールを決めるエムボマ氏の動画を投稿している。

最終更新:11/16(土) 23:00
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事