ここから本文です

カーメロ・アンソニーがブレイザーズと契約!35歳の元オールスターは新チームにフィットするのか?

11/16(土) 17:35配信

THE DIGEST

 11月14日(日本時間15日)、リーグの情報筋が『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者へ仰天情報を持ち込んだ。

【動画】万能スコアラー、カーメロのキャリアトップ10プレー

 昨年11月を最後にNBAのコートから遠ざかっていたカーメロ・アンソニーが、ポートランド・トレイルブレイザーズとの契約合意に至ったという。

 ブレイザーズはカーメロがニューヨーク・ニックス在籍時に獲得を狙っていたチーム。今年のプレシーズン中にバスケットボール運営部門代表のニール・オルシェイとカーメロのエージェントを務めるレオン・ローズがコンタクトを取り合い、ここ2日間で契約合意へと発展した。

 今回の契約締結前に、オルシェイとテリー・ストッツ・ヘッドコーチ(HC)はカーメロと直接話したと『ESPN』が報じたほか、ブレイザーズ側からエースのデイミアン・リラードへカーメロをチームに加えることを伝え、リラードが賛同していたと『Yahoo Sports』が報道。

 ウォジナロウスキー記者によると、カーメロの契約は無保証で、16日(同17日)のサンアントニオ・スパーズ戦からスタートするアウェー6連戦からチームに合流予定だという。現時点で先発として出場するかどうかは微妙だが、その可能性はあるだろう。

 というのも、ブレイザーズは開幕から先発を務めていたザック・コリンズが10月27日(同28日)の試合で左肩を負傷して戦線離脱。代役としてケント・ベイズモアやマリオ・ヘゾニャを起用していたものの、ここ7試合で6敗を喫し、14日(同15日)時点で4勝8敗と、ウエスタン・カンファレンス13位に低迷しているからだ。

リラードとCJ・マッカラムは、以前にもSNSでカーメロ獲得を望むような反応を見せていたため、今回のベテランスコアラー加入を歓迎しているだろう。

 現役4位、NBA歴代でも19位のキャリア平均24.0点を誇るカーメロは、ブレイザーズでリラードとマッカラムという2枚看板の負担を軽減することが期待される。

 カーメロはこれまで、ディフェンスについては酷評されてきたものの、今年8月に「俺は毎日ジムにいる。自分自身と自分のキャリア、そして人生についても見つめ直している」と口にしており、ブレイザーズで自暴自棄にショットを乱発するようなことはないだろう。

 今季ロサンゼルス・レイカーズでロールプレーヤーとして新境地を開拓したドワイト・ハワードのように、心変わりしてディフェンスでも献身的な働きを見せることができれば、ブレイザーズでもプレータイムを確保することは十分可能だ。

 35歳とキャリアの終焉が着実に近づいているカーメロは、ブレイザーズの救世主となって白星先行へと導く手助けができるのか。元オールスターフォワードの新天地での仕事に注目していきたい。

文●秋山裕之(フリーライター)

最終更新:11/16(土) 17:35
THE DIGEST

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事