ここから本文です

【内部崩壊する欅坂46】中心メンバー・鈴本美愉がマルタ共和国に留学、帰国後卒業「グループに疲れちゃった」

2019/11/16(土) 22:00配信

文春オンライン

“精神的支柱”織田奈那の熱愛発覚で……

 鈴本の留学は、欅坂内部崩壊の氷山の一角にすぎない。その原因の1つが今年9月に「週刊文春デジタル」が報じたメンバー・織田奈那(21)の熱愛だという( 欅坂46モテメンバーがオシャレ専門学生と「手つなぎデート&合鍵通い愛」だに~ )。

「先日の織田さんのスキャンダルの影響はかなり大きいです。織田さんもイベントやライブへの出演をずっと見合わせている。いわば“開店休業”状態ですが、実際は、このまま卒業という流れで話が進んでいます。

 しかし、織田さんはメンバーの“精神的支柱”でもあり、鈴本さんを含め、多くのメンバーが慕っていた。その織田さんの 熱愛発覚 で、他のメンバーの活動へのモチベ―ションもガクッと下がってしまいました。この連鎖的な反応もあって、織田さん、鈴本さん以外の何人かのメンバーも卒業を口にするようになっているのです。

“平手一強”体制への不満

 そもそも、運営の“平手一強”体制に長い間、多くのメンバーが振り回され続けているという状況があります。たとえば今年、欅坂46が発売したシングルは2月に発売した『黒い羊』1曲のみ。9枚目のシングルは、この冬に発売が予定されているのですが、9月の選抜発表から2カ月が経った今でもリリース日やタイトルが発表されていない状態です。

 実は一度、曲自体は録り終えていたのですが、平手さんが何か気に食わなかったようで、首を横に振った。そこから曲自体が変わり、録り直しをするという異例の事態になったそうです。それで今回のリリース情報が遅れてしまっているのです」(同前)

 現在の鈴本の現状について訊ねるべく、鈴本の母親を直撃した。

グループに対して不満がある?

――文春です。鈴本美愉さんがマルタに留学していると聞いています。

「私の口からは何も言えないんですよ。知ってることは言いたいんですけど、本当何も言えないんです。申し訳ないです」

――グループに対して不満があるということでは。

「ないです。大好きなんで。メンバーも大好きですし、2期生のこともすごく可愛がっているので」

――留学から帰ってきて卒業をするという話が出ている。

「本人の口から聞いたことはないですよ。多分私には話さないと思うんですよ。下手に口を滑らせちゃうかもしれないから」

――なぜ今メディアなどに出ていない?

「運営さんに任せているので」

――改めて留学のことは聞いてない?

「はっきりとはね。行動力だけはあって、相談もなにも」

 欅坂46の運営事務所「Seed & Flower 合同会社」に事実確認を求めたところ、こう回答があった。

「欅坂46に関しまして、お問い合わせいただきました活動の詳細に関しましては、オフィシャルサイトにてみなさまにお知らせいたしますので、そのお知らせをお待ちください」

 デビューから4年連続で「NHK紅白歌合戦」に出場が決まったばかりの欅坂46だが、今後のメンバーの動向に注目が集まる。

「週刊文春デジタル」編集部/週刊文春デジタル

2/2ページ

最終更新:1/23(木) 22:09
文春オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事