ここから本文です

享楽的なポップが溢れた80年代に怒りの拳を突き上げたアーティストたち<戦うアルバム40選・’80年代編>

11/16(土) 15:31配信

HARBOR BUSINESS Online

 ポップ・ミュージック史において、社会の不公正や時代の動乱と向かい合った社会的メッセージで時代に一石を投じたアルバムを紹介する「戦うアルバム」(60年代編,70年代編)。3回目の今回のテーマは‘80年代。音楽ムーヴメントが起こらず、ポップなものばかりが流行ったと思われがちな時代だが、それは大きな誤解。アメリカはレーガン、イギリスはサッチャーなどのネオコン政権。社会問題では南アフリカの人種隔離政策のアパルトヘイトが国際的な問題になるなど、戦う要素はむしろ他の時代よりも多いくらいだった。

⇒【画像】『III』Peter Gabriel(1980)

アパルトヘイトの存在を世界に示したピーター・ゲイブリエル

『III』Peter Gabriel(1980)

 ‘80年代に最も独創的なアーティストの一人として数えられたピーター・ゲイブリエル(Peter Gabriel)。70sはクラシカルなプログレ・バンド「ジェネシス」(Genesis)のフロントマンとして知られたが、ソロ3作目となったこのアルバムでは一転、ファンキーなビートを強調したグルーヴィーなサウンドと、来るべきMTV時代を想定した斬新な映像感覚で勝負するアーティストに転身。それと共に歌の題材も世界が直面する社会的な問題にメスを入れたものとなっていった。

 子供の視点から核戦争の脅威を歌った「Games Without Frontiers」、そして、南アフリカのアパルトヘイトと勇敢に戦い殉死した人種問題活動家スティーヴ・ビコに捧げた「Biko」は彼のキャリアのゲームチェンジャーとなった名曲だが、とりわけ後者でアパルトヘイトの存在を知った者も少なくない。

『Penthouse And Pavement』Heaven 17(1981)

 MTV華やかりし時代のイギリスのシンセ・ポップというと、バブリーなイメージを抱かれがちだが、中にはかなり硬派な連中も存在した。人気グループ、The Human Leagueから分離してできた3人組Heaven17はその代表格。デビュー曲となったその名も「Fascist Groove Thing」で彼らはサッチャーとレーガンと言った保守のタカ派が英米の社会を統治する世に「ファシストの支配はごめんだ」と一撃。いきなりBBCで放送禁止処分を受ける“勲章”を獲得した。

 これにとどまらず「Soul Warfare」、「The Height Of The Fighting」で彼らは、シャープな電子音を刀に、キャピタリズムに染まった世の中を斬りまくった。同じ頃、The Human Leagueは「エレクトリック・アバ」のイメージで時代随一のポップスターへと成長。双方の才能を伸ばすために幸せな分裂だったと言えよう。

1/4ページ

最終更新:11/29(金) 21:12
HARBOR BUSINESS Online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事