ここから本文です

松葉づえ姿の間宮祥太朗、桜井日奈子に「『無事に』でこっち見ないで」と苦笑い

11/16(土) 5:10配信

ザテレビジョン

間宮祥太朗と桜井日奈子が、11月15日に東京都内で開催された映画「殺さない彼と死なない彼女」初日舞台あいさつに出席。足を骨折したという間宮が、松葉づえを使ってステージに登壇した。

【写真を見る】「心配してもらうようなことではない」と言いつつ、痛そう…松葉つえで歩く間宮祥太朗

漫画家・世紀末の四コマ漫画を、間宮と桜井のダブル主演で実写映画化。“殺す”が口ぐせでスマホ依存症の無気力少年・小坂れい(間宮)と、「死にたい」が口ぐせの心優しきネガティブ少女の鹿野なな(桜井)が“友達以上・恋人未満”の関係になるさまを描く、いびつでピュアなニュータイプ・ラブストーリーだ。

舞台あいさつには共演の恒松祐里、堀田真由、箭内夢菜、ゆうたろう、そして小林啓一監督も登場した。

間宮は冒頭のあいさつで「足を折ってしまい、見苦しい形で登壇してすみません」と言い、「心配してもらうようなことではないので、折ったってことは一回忘れていただいて。映画の話でいきたいと思うので、よろしくお願いいたします」と凛々しい表情。

桜井は、初日を迎え「ずっとこの日を楽しみにしていました。“無事に”…」と間宮を見ながら声を詰まらせてしまい、間宮がすかさず「『無事に』でこっち見ないで」と苦笑い。間宮が「撮影中は無事にね」と続けると、桜井も「撮影中は無事に公開を迎えられてうれしく思います」と笑顔を見せた。

これまで実施された試写会では、上映中に91%の人が泣いたという本作。今回、上映後の舞台あいさつで会場のかなりの数が泣いたと手を挙げると、間宮は「すごいですね。泣くほど感情が高ぶっていただいたことはうれしいです」としみじみ。

また、間宮はそんな本作の魅了について「まずは原作の持つ力がすごい。また、その4コマ漫画を映画の脚本に仕上げた監督もそうですし、あととにかく画がきれい。僕も試写会で見たときに、ファーストカットでこの映画はいい映画なんじゃないかと予感をさせるような光で。

今回、照明部がいなくて、監督が毎日、日光を見ながら一番いい瞬間を撮ろうと毎シーンやっていたので、そのキレイさも後押ししていると思います」と力説。

続けて、魅力を問われた桜井が「間宮さんがおっしゃったことが全てだと思っています」と乗っかると、間宮から「ずるいよね!」とすかさずツッコミが。

間宮が「この前の映画祭のときも、『おっしゃる通りです』と言ってた」とエピソードを披露すると、桜井は苦笑いしながら「でも本当にその通りで。自然光は皆さんが日常過ごしていた光の加減と一緒なので、この世界に入りやすいのではと思って」と謙遜しながらも魅力を語っていた。

また、小林監督は「熱演ではなくて、すごく力を抜いたいいお芝居を皆さんがしているので、それが涙をそそる一つなのかなと思っています」と思いを明かした。

■ 桜井の好きなシーンとは?

イベントでは、映画を見た観客から質問を受け、キャスト陣が答えていくことに。

好きなシーンを問われると、桜井は小坂と鹿野の花火のシーンをあげ、「しけってて花火がつかないんだけど、来年はやろうって言ってくれる小坂が自然に手をつないでくれる感じがキャンとしました」と振り返っていた。

また、小林監督に「重要に指導したところは?」という質問も。小林監督はイン前に間宮に「桜井日奈子を頼む。引っ張っていってほしい」と声をかけていたことを明かし、「見事にやってくれて。間宮くんが桜井さんのお芝居を引き出してくれた」と感謝の言葉を贈っていた。

最後に、桜井が「この作品がたくさんの人に愛されることを祈ってます」と笑顔で語り、間宮が「今SNSなどで不特定多数のたくさんの人に向けた何かを考えがちな世の中で、この映画は実際に自分と過ごす誰か特別な人、2人の関係性を描いていて、それが特別でかけがえのない出会い、存在なのかを示している映画。皆さんにとって大事な映画になれば」と締めくくっていた。

(ザテレビジョン・取材・文・撮影=TAKAMI)

最終更新:11/16(土) 5:10
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事