ここから本文です

今井悠貴主演で青春漫画「ハイポジ」実写化!乃木坂46・鈴木絢音との恋模様も!?

11/16(土) 12:00配信

ザテレビジョン

今井悠貴が、1月11日(土)より放送の「ハイポジ 1986年、二度目の青春。」(毎週土曜夜0:00-0:30、BSテレ東/毎週土曜夜0:56-1:26、テレビ大阪)で、ドラマ初主演を務めることが分かった。

【写真を見る】キュンとする恋愛模様だけでなく、1980年代の音楽や流行を盛り込んだ演出にも注目!

同ドラマの原作は、きらたかしの漫画「ハイポジ」。会社をリストラされ、離婚も秒読みで、お先真っ暗な46歳の主人公・天野光彦が、1986年にタイムスリップして、二回目の高校生活を送る恋愛ドラマだ。

今井は、体は16歳だが、魂は46歳という難しい役に挑む。そして、46歳の天野光彦役を柳憂怜、天野が忘れられない初恋の同級生さつき役を黒崎レイナが。未来の妻となる高校生の幸子役は、レギュラードラマ初出演となる乃木坂46・鈴木絢音、現代の妻・幸子はいしのようこが演じる。

ドラマでは、80年代の音楽やファッション、当時の流行語が登場。今井は「80年代を彩った音楽を聞きながら、いつもの道を歩いてみたら、町や空気が少し違って感じました。胸が静かに高鳴るような感覚と共に、当時青春を生きていた人たちの気持ちに、少しだけ近づけたような気がしました」と話す。

続けて「光彦は16歳に戻って青春をやり直そうとしますが、僕がこのドラマで伝えたいことはむしろ、『いくつになっても、青春は何度でもやり直せる』ということです。80年代を思い返しながら、思いをはせながら、明日に向けて勇気が持てるような作品にしたいと思っています。よろしくお願いします!」と意気込む。

また、岡本宏毅プロデューサーは「原作漫画を読んで、心をわしづかみにされました!私自身80年代を学生として過ごした40代ということもあり、中年男の悲哀に共感し、80年代カルチャーを懐かしみ、ばかな男の妄想に爆笑しながら一気読みさせていただきました。

カセットテープやウォークマン、懐かしいヒットソングや流行語、当時のファッション、ヤンキー文化…本作はポップカルチャー黄金時代の80年代を舞台とした学園ドラマでもあり、40~50代の中年が抱える苦悩を描いた、家族の物語でもあります。

80年代という時代の持つパワーを最大限に生かし、決して懐古主義に陥らない、“懐かしいけど新しい”フレッシュな感覚のドラマにできればと考えております」とコメント。(ザテレビジョン)

最終更新:11/16(土) 12:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事