ここから本文です

新浜レオン「レコード大賞」新人賞の受賞を報告!『“一曲入魂”で頑張ります!』

11/16(土) 20:24配信

ザテレビジョン

新浜レオンが11月16日、東京・池袋サンシャイン噴水広場で行われた若手演歌・歌謡歌手のイベント「メンズ で え~んか!-vol.6」に出演。集まったファンに、「第61回 日本レコード大賞 新人賞」受賞を報告した。

【写真を見る】歌声で会場を魅了する新浜レオン

新浜はこの日、トップバッターとして登場。デビュー曲「離さない 離さない」で、早くもお祝いムード一色となった会場から大きなレオンコールを受ける。

共演者の松尾雄史から「おめでたいことがありましたね。日本レコード大賞の新人賞を…」と振られ、新浜は「あらためて、本当にありがとうございます!!」と深々と頭を下げ、会場からは大きな「おめでとう!!」という歓声が。

続くカバー曲コーナーでは、大学生時代「ミスター大東コンテスト2017」でグランプリを受賞した際の歌唱曲「青春時代」とアコースティックアレンジの「見上げてごらん夜の星を」、オリジナル曲披露のセクションではデビュー曲のカップリング曲「心奪って」を歌唱。

その歌声で会場を魅了した後、MCで「このたび第61回日本レコード大賞新人賞を受賞することが決定しました。本当に皆さま、ありがとうございます! デビューして以来携わってくださった皆さま、そして何よりいつも応援してくださる皆さまのおかげです。あらためて本当にありがとうございます!!」と何度も深々と頭を下げる。

そして、「この感謝の気持ちを持って12月30日(月)、全力で精いっぱい、“一曲入魂”の気持ちで頑張ります!」と誓う新浜。「レオン!」「頑張れー!」という大歓声と声援が鳴り響く中、最後にデビュー曲「離さない 離さない」を再び歌い、曲が終わってもファンによる温かいお祝いムードはいつまでも続いた。

歌唱後、囲み取材で「狙うは一番星ですか?」と質問された際には、「もちろんです!」と即答。さらに、「最優秀新人賞を目標に、1日1日を大切に“一曲入魂”で頑張ります!」と力強く語った。(ザテレビジョン)

最終更新:11/16(土) 20:24
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事