ここから本文です

C・ロナウド、13年連続の記録達成 クラブと代表を併せて“年間30ゴール継続”の偉業

11/16(土) 21:10配信

Football ZONE web

リトアニア戦でハットトリックの活躍、2007年から連続で年間30ゴール以上をマーク

 ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、14日のEURO予選のリトアニア戦でハットトリックの活躍を見せた。それにより、13年連続の記録を達成したとデータ会社「OPTA」のツイッターが公開している。

【動画】「衝撃的なチップキック」 C・ロナウドが披露、止める術のない“無慈悲ループ弾”の瞬間

 ロナウドが達成した記録とは、1年間の間にクラブと代表を併せて公式戦30ゴールを記録するのが13年連続になったというもの。2019年はこのハットトリックにより通算32得点になった。

 2007年に34得点を記録してスタートしたゴールショーは、09年にギリギリの30得点があったものの、その後は安定してゴールを量産。そのなかでのピーク記録は13年の69得点で、特に11年から14年は4年連続で年間60得点以上を達成していた。

 13年をピークに年間のゴール数は減少傾向にあるものの、今でも世界トップクラスのゴールハンターであることに疑いはない。今年の残り1カ月半でどれだけのゴール数を積むのか。また、2020年にもその記録を続けることができるか注目が集まる。

【一覧】OPTA社が公開、ロナウドが2007年以降に決めたクラブと代表の年間ゴール数

 OPTA社が07年以降のデータを公開。ロナウドが1年間で決めたゴール数と、その年の所属クラブ(夏の移籍のタイミング)は以下のとおり。

2007年 34得点(マンチェスター・ユナイテッド)
2008年 35得点
2009年 30得点(マンチェスター・ユナイテッド→レアル・マドリード)
2010年 48得点
2011年 60得点
2012年 63得点
2013年 69得点
2014年 61得点
2015年 57得点
2016年 55得点
2017年 53得点
2018年 49得点(レアル・マドリード→ユベントス)
2019年 32得点

Football ZONE web編集部

最終更新:11/16(土) 21:10
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事