ここから本文です

安倍官邸 皇室の重要儀式より新大臣認証式優先、皇室軽視か

11/17(日) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 皇居から赤坂御用地まで走る50台、約400mに伸びた車列。先頭の警察車両に続くのは、天皇皇后両陛下ではなく、菅義偉官房長官(70才)を乗せた車両だ。その後ろを、安倍晋三首相(65才)の車が走る──。

【写真】パレードで祝福に笑顔を見せられる両陛下

「11月10日に行われた即位パレードは、安倍首相にとって自身の活躍を演出する格好の舞台でした。

 そもそも『令和』という新元号も自分で決めて、御代がわりの関連行事で多くの外国要人を招くこともできた安倍首相ですが、近頃の安倍官邸には皇室を軽んじるような行動が目立ちます」(政治ジャーナリスト)

 9月11日に成立した改造内閣は、2か月も経たずに満身創痍になった。10月25日には菅原一秀経産相(57才)が支援者に香典を渡した問題で辞任。31日には河井克行法務大臣(56才)も、参院議員の妻・案里氏の選挙戦における公職選挙法違反疑惑で内閣を去った。

 問題は、そこからの手続きだった。後任の大臣は、辞任したその日のうちに決定された。国務大臣の就任には、天皇による認証が必要なので、ただちに皇居にて認証式が行われることになった。

 大臣の認証式は通常、皇居・宮殿の中でも最も格式の高い「松の間」で行われる。

「その時はちょうど、10月22日から31日まで行われる一連の儀式『即位の礼』の真っ最中でした。そのため、松の間には天皇陛下が『即位礼正殿の儀』で即位を宣言された玉座『高御座』が置かれていたんです。しかも、まさに陛下は儀式続きでご多忙のところでした」(宮内庁関係者)

 自民党関係者によると、そのように皇室の重要儀式が執り行われる際には、空席になった大臣ポストをほかの大臣が兼務するなどして、一時的な代行を置くのが一般的だという。すぐに認証式をする必要がなく、即位の礼が終わった後、改めて新大臣を認証すればいいことになるのだ。

「しかし安倍官邸は、皇室の重要儀式に鑑みず、新大臣を任命。松の間には玉座が置かれていたため隣にある『竹の間』で認証式を行いました。これは極めて異例のことです。

 一日でも早く不祥事の沈静化を図りたかったのでしょうが、わずか数日待つということをせず、皇室の重要儀式よりも自らの都合を優先させたことになります」(自民党関係者)

※女性セブン2019年11月28日号

最終更新:11/17(日) 7:00
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事