ここから本文です

宮里藍も悩まされた女子ゴルフ界の「コース外トラブル」

11/17(日) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 人気女子プロがゴルフ場で従業員に「死ね」と暴言を吐いたとされる前代未聞の騒動。その背景を追うと、テレビ中継には映らない複雑な人間関係が浮かび上がってくる。女子ゴルフの世界は選手同士や派閥・グループ同士での足の引っ張り合いが繰り返されてきた。スキャンダルの噂を流されたり、ルールに関して嫌がらせまがいの指摘をされたり、男性キャディの“略奪”をめぐって胸ぐらを掴まれて「泥棒猫」と罵られる騒動に発展……などなど。

【写真】真っ赤なユニフォームの畑岡奈紗

 渋野日向子(20)をはじめとする黄金世代の若手選手が台頭するなか、同じような悲劇が繰り返されないか心配になるが、近年になって、女子ゴルフ界の勢力図は塗り替えられてきているという。

「かつては岡本綾子氏(68)を中心とする“岡本軍団”や清元登子氏(享年78)の清元教室など、有名プロを師匠に持つ選手がほとんどだった。古閑美保(37)も清元門下生。ただ、ジュニア世代の大会が盛んになってそうした例は減り、親子が師弟関係になる選手が増えた」(ベテラン記者)

 宮里藍(34)、横峯さくら(33)が代表格だ。父親がコーチとしてツアーに同行し、家族単位で行動する。

「さらに今はLPGAがアマチュアの出場枠を拡大し、ジュニア時代から参戦する選手たちの“同世代のつながり”が強くなってきた。小さい頃から親も含めて顔見知りで、プロ入り後も一緒に練習ラウンドをする。黄金世代と騒がれる1998年生まれが最も有名ですが、渋野に加え、日本女子オープンをすでに3度制した畑岡奈紗(20)、原英莉花(20)、小祝さくら(21)、新垣比菜(20)といった蒼々たるメンバー。なかでも渋野は大里桃子(21)と仲が良く、いつも一緒に練習ラウンドをしている」(同前)

 全英女子オープン優勝で米ツアー参戦の権利がある渋野が来季は挑戦しないと公言したが、同期とのゴルフを日本で楽しみたいのが理由のひとつだとされる。

「現役高校生でツアー優勝してプロになった宮里藍が、20歳で早々に米ツアーに転じたのは、日本の女子ゴルフ界の嫉妬渦巻くロッカールーム事情に嫌気がさしたのが一因といわれてきた。渋野も同様のことにならないか懸念されていたが、(同じ事務所に所属する)古閑という心強い味方もいるし、いまのところ心配はなさそう」(同前)

 伸び盛りの若手が、コース外のトラブルに悩まされないことを願いたい。

※週刊ポスト2019年11月22日号

最終更新:11/17(日) 16:00
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事