ここから本文です

【ついに日産ジューク 年内生産終了決定!!】後継SUV 来年に日本上陸!!!

11/17(日) 7:03配信

ベストカーWeb

 新型の投入はなし! 日産 ジュークが年内で生産中止決定。

 日産のSUV「ジューク」の国内向けモデルが、2019年内に生産中止となる。販売店・日産関係者への取材により、11月15日までに判明した。また、大型セダンの「ティアナ」も同様に年内で生産終了する。

【関連写真】ジュークに替わり日本導入へ!! 新型キックスとは?

 ジュークは2010年に国内で発売された小型SUV。発売から9年以上が経過し、欧州では9月に新型が発表。新型の国内導入は不透明だったが、モデルチェンジを迎えることなく、日本での歴史に幕を閉じることとなった。

 ただ、日産関係者によると「(国内のラインナップから)ジュークと同クラスのSUVがなくなることはない」とのことで、別の小型SUVが導入される見込み。

 ジュークの生産中止と合わせて、新たに導入予定の小型SUVに関する現場の最新情報をお届けしたい。

現行ジュークはすでに在庫僅か! 後継にキックスを日本導入へ

 首都圏の販売店筋によると、日産はこのほどコンパクトクロスオーバーSUVの「ジューク」を今年いっぱいで生産中止すると傘下販売店に伝えた模様である。

 日産の公式サイトにはまだ何の告知もされていないが、多くの販売店には年内生産終了の通達が入っており、顧客へ順次セールスされている。

 11月中旬現在ではカスタマーズバージョンの「NISMO」以外は、グレード、ボディカラー、オプションパーツの在庫が次第に絞られる状況にある。

 (販売終了ではなく)年内生産終了というのは、在庫があれば年明けも販売するという意味ではあるが、見込み販売数を生産するだけなので、すでに在庫切れとなっている販売会社もあり、欲しい人はすぐにディーラーへ連絡したほうがよい状況だ。

 後継モデルにあたる「新型キックス」(編注:現在は海外専売車)は、2020年6月頃にもデビューする見込みである。新しいネーミングを与えるのは大幅なコンセプト変更を意味する。

 現行ジュークは、個性的で尖ったデザインを採用したことで、発売した当初はひときわ目立つボディシェルが話題になり、好調な売れ行きだった。

 ところが短期間で飽きられ、後発のホンダ ヴェゼルやトヨタ C-HRに大きく水をあけられ、最近は月販500台以下に低迷している。

 新型キックスはその反省のもとに、シンプル&オーソドックスで飽きの来ないクロスオーバーボディシェルを採用する。

 正式な日本バージョンのスペックはまだ明らかになっていないが、ボディサイズは全長4350mm、全幅1790mm、全高1610mm程度が予想される。

 現行ジュークよりも若干サイズアップし、同クラスの人気モデルであるトヨタ C-HRやホンダ ヴェゼルに近いサイズを採用する見込み。

 ちなみに現行ジュークは全長4135x全幅1765x全高1565mmと小ぶりだが、C-HRは同4385x1795x1550mm、ヴェゼルは同4340x1790x1605mmだから、どちらかというとヴェゼルに近い寸法になる可能性がある。

1/2ページ

最終更新:11/17(日) 7:03
ベストカーWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事