ここから本文です

寒い日にお家で観たい、心温まる“泣ける”映画を高山都が厳選[FRaU]

11/17(日) 10:40配信

講談社 JOSEISHI.NET

たまの休日でも、外が寒いと出かけるのが億劫に感じる人も多いかもしれません。そういう時は、お家にこもって映画鑑賞してみるのはいかがですか。今回は、モデル・女優の高山都さんに、気持ちよく泣けて、心が温まるおすすめ映画を教えてもらいました。

【写真】何度観ても飽きない名作映画

映画を見て、泣いて……。 明日からも頑張ろうと思える時間

ちょっと心が疲れてしまったなと思う時や、人にあんまり会いたくないなという時、ありませんか? そういう時、私はあえて家にこもって映画を何本も見たり、本を読んだりしています。たっぷり作品を吸収して、自分を満たして、思いっきり泣いて。そうすると、「よし、明日からも頑張ろう!」と思えるんです。

一時期、お芝居の勉強も兼ねて、映画を見漁った時期がありました。レンタルビデオショップの邦画の棚にある作品を全部見たこともあったなぁ(笑)。最近は、NetflixやHulu、Amazonプライム・ビデオなどのサービスがあるので、DVDを借りに行かなくても気軽に映画を見られるようになって便利ですよね。

仕事が忙しくなると家で観る時間がなかなかとれないので、長時間のフライトや移動時間に、ダウンロードしておいた映画を観ることもあります。新作・旧作問わず、気になった作品はいつもリストアップしています。何度も同じ映画を観ることも好きなので、お決まりの映画は何本かあります。今回は、リピート率の高いおすすめ3作品をご紹介します。

『きみに読む物語』

これは、何度見ても泣いてしまう、大好きな映画です。療養施設にいるアルツハイマー症の老婦人に、老人男性が優しく物語を読み聞かせるというハートフルな作品。純愛というか、まっすぐに人を好きになることが描かれていて、見終わった後は、本当に心が温まります。自分の人生の最期は、こんな風に終えられたらいいなと思います。

ラブストーリーだけれど、そんなにベタベタしていないから好き。恋愛映画のなかには、愛だの恋だの面倒くさいなと思ってしまう作品もありますが(笑)、この映画はじんわり心にしみて。人が一生懸命生きた証を感じるし、エンディングも気持ちのいい終わり方でリピート率1位の作品かも。

個人的には、ライアン・ゴズリングのお芝居がとてもいいなと思います。『ラ・ラ・ランド』の役柄とはまた違うライアンで、男臭くて骨太な感じが好きですね。

1/2ページ

最終更新:11/17(日) 10:40
講談社 JOSEISHI.NET

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事