ここから本文です

この冬のベースカラー「ブラウン」を上手に取り入れる3つのテク

11/17(日) 12:08配信

OurAge

圧倒的にブラウンが流行色となっている2019年秋冬。でも、肌がくすんで見える、太って見えるという理由から茶系の服が苦手という人も。「アイテムが豊富な今シーズンは自分に似合う色がきっと見つかるはず。食わず嫌いを返上して、ぜひ挑戦してほしいですね」とは、スタイリストの村山佳世子さん。村山さんの3つの「ブラウンスタイリング」提案を、モデルの黒田知永子さんが体現!

◆ワントーンで着る
キャラメル色に包まれる醍醐味は懐の深い色幅を、異なる素材で身につけられるところ。濃淡やチェックの重なりで上品なカジュアル感がかなう。

〈ソリッドなキャラメル色にチェックのストールで奥行きをプラス〉
「キャラメル色をたっぷり楽しむなら、断然ワントーン!」という村山さんイチ押しの着こなし。ビターやカフェオレなど、キャラメル色の濃淡をカシミヤニットとパンツに取り入れ、チェックのストールをまとうだけ。ニュアンスカラー同士がリンクして、自然な統一感を引き出す。

◆定番色と合わせる
黒、白、グレー、ネイビー…。いつも身近にあって頼りになる定番カラーのどの色とも、キャラメル色は相性抜群。しかも「今」を映し出す鉄板配色。ぜひ試して!

〈パンツをツイードに替えてなじみのトラッドスタイルを更新〉
「ツイードの中のネイビーがニットのカラーとリンク。人は気づかないようなこういう小さなこだわりが、おしゃれには必要」 と黒田さん。ベーシックなネイビーニットも、パンツをクラシックなツイードに替えるだけで今年らしいムードが漂う。

◆主役としてまとう
初めましての色ではつい敬遠しがちな主役アイテムにこそ、この秋冬は思いきってキャラメル色を。例えばコートなら、1枚はおるだけで、いつものスタイルがたちまち旬の着こなしにアップデート。

〈ダイナミックに取り入れるほどモダンでスタイリッシュ!〉
白シャツと黒のギャザースカートに、モカキャラメル色のコートをはおったスタイリングは村山さんのお気に入り。「オーバーサイズコートは、1着で色のインパクトと今っぽさが出せるのでおすすめ。モノトーン好きの方はぜひトライしてほしいですね」


撮影/浅井佳代子 モデル/黒田知永子 ヘア&メイク/福沢京子 スタイリスト/村山佳世子 取材・原文/向井真樹

最終更新:11/17(日) 12:08
OurAge

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事