ここから本文です

きゅうりをおすすめしたい「7の理由」

11/17(日) 12:04配信

ウィメンズヘルス

きゅうり好きのあなたに朗報。公認管理栄養士のジェシカ・ペレスによると、他の野菜と同様、きゅうりにも健康上のメリットがあるみたい。「ケールなどの野菜ほど知られてはいませんが、きゅうりにも栄養はあります」。知られざるきゅうりのメリットをアメリカ版ウィメンズヘルスからご紹介。

【写真】1週間で7kg痩せるらしい…「きゅうりダイエット」の実態と効果

1.栄養価が高い

<きゅうり約110gの成分表>
・カロリー:16kcal
・タンパク質:1g
・脂質:0g(うち飽和脂肪0g)
・食物繊維:1g
・糖質:4g
・糖類:2g
・ナトリウム:2mg

これだけ低カロリーなのに、重要な栄養素はたっぷり含まれている。

・ビタミンC:1日の推奨摂取量の14%
・ビタミンK:1日の推奨摂取量の62%
・マグネシウム:1日の推奨摂取量の10%
・カリウム:1日の推奨摂取量の13%
・マンガン:1日の推奨摂取量の12%

2.お通じの改善が見込める

基本的に、きゅうりに含まれる(微量の)カロリーは全て食物繊維から来るもの。ペレスによると、食物繊維は腸の健康を改善してお通じをよくするのはもちろんのこと、満腹感をくれるので食べすぎも防げる。

3.体を潤す

水分補給は、細胞に栄養を届けるのにも、便秘予防にも、細菌を流し出すのにも不可欠。ペレスによれば、きゅうりに含まれる水分量も1日に必要な水分量(8カップ)にカウントされる。

きゅうりから実際に摂取する水分量は、きゅうりの摂取量次第。でも、『Read It Before You Eat It: Taking You from Label to Table』の著者で公認管理栄養士のボニー・トーブディックスいわく、この野菜の95%は水分なので、1カップ分のきゅうりを食べれば、水分が間違いなくたっぷり摂れる。

4.腸をハッピーに保つ

前述の通り食物繊維が豊富なきゅうりは、腸の健康を支えてくれる。でも、その効果が最も高いのはピクルス(漬物)にして食べたとき。ピクルスは、きゅうりとスパイス、塩、お酢のミックスから作られている。「この発酵プロセスが、きゅうりを腸に良い野菜にするのです」とトーブディックス。腸内の善玉菌が増えると、免疫力の向上や腸機能の改善など、うれしいことがいっぱい。

1/2ページ

最終更新:11/17(日) 12:04
ウィメンズヘルス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい