ここから本文です

『19歳の春、妊娠。私をママにしてくれてありがとう』辻希美の【大好きな人と結婚しよう】

11/17(日) 12:03配信

with online

19歳でまさかの妊娠!!!

こんにちは、辻希美です。
今日は私が妊娠したときのことをテーマにしてみようと思います。

【辻希美の「大好きな人と結婚しよう」】記事一覧はこちら

私の妊娠がわかったのは19歳の春、桜が咲く頃でした。目黒通り沿いをぼんやり歩いていたとき「桜がキレイだな」って思ったんです。そのとき、“ん?”ってピンと来たんです。いつも桜を見てもそんなことを思わなかったのに……これは何だろう……自分の気持ちも体調もなんか違う……。

もしかして……。

やっぱり私の勘は当たっていました。そう、妊娠していたんです。

モーニング娘。のメンバーからは、「辻が一番結婚が早そう!」って言われていたし、過去に占いで「20歳で結婚して子どもを産む」と言われたこともあったな。それにうちの家系はみんな早くに子どもを産む傾向があって、お母さんは20歳で、お姉ちゃんも21歳で、おばあちゃんも20歳で子どもを産んでいるんです。だからビックリはしたけど“あっ、これが妊娠っていうものなのか”という気持ちでした。

彼に新しい命を授かったことを伝える

まずは彼に会って妊娠のことを直接話しました。彼もはじめはビックリしていたけど、喜んで受け入れてくれて、そんな彼を見て“やっぱりこの人で良かった”と心から思えた瞬間でした。

そのあと私と私の姉、彼と彼の弟の4人で集まって話し合いをしたんです。そこで、誰に伝えるか、これからどうするかなどの段取りを相談。そして、まず私のお母さんに伝えました。お母さんは少し驚いていたけど、うちのお父さんは私が新しい命を授かったことを泣いて喜んでくれたんですよ。それから事務所に報告をして、事務所の人に病院を紹介してもらい正式に妊娠したことを確認しました。

私たちの妊娠、結婚を世間では「できちゃった婚」と言われることが多いのですが、実は妊娠発覚は私たちが事務所に結婚することを報告しようとした2日前なんです。

結婚したら仕事は続けられないかもしれない……

彼とは順調にお付き合いを深めていき、1年ぐらいたったころ、お互いに芸能界で仕事をしているんだからケジメをつけないといけないんじゃないかという話にはなっていました。それにいつまでも二人の関係を隠し続けているのもなんだか後ろめたい感じもしていたし。

3月10日の彼の誕生日に私がプレゼントを渡したら、「オレからもプレゼントがあるんだ」って言われて、お返しに婚約指輪をもらったんです。これが彼からの正式なプロポーズ♪ それから私の事務所に二人で行って、結婚することを報告しました。

「結婚するなら仕事を続けることは難しいかもしれない」

結婚の報告をした私たちに返ってきたのは、そんな言葉でした。結婚することは反対されなかったけど、大好きな仕事を辞めなくてはいけないかもしれない……。仕事か結婚か。事務所が私に対して意地悪をしたワケではないんです。今でこそ仕事と結婚や子育ての両立が当たり前だけど、当時のアイドルにとって結婚したらアイドルを続けられないことは常識。だから、10代で結婚するアイドルなんて一人もいなかったんです。

子どもは絶対に産みたい、でも仕事を続けられない……。私は12歳から芸能界で仕事をしてきて仕事が大好きなのに……。でも、もう私は充分仕事をしてきたのかな? 少しの迷いはありましたが、私は彼との間に授かった命を選んだのです。

1/3ページ

最終更新:11/17(日) 12:03
with online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ