ここから本文です

【試乗】メルセデスAMGのエントリー。メルセデスAMG A35 4マティック エディション1

11/17(日) 15:00配信

Webモーターマガジン

サーキットを走らないのなら十分満足

メルセデスベンツAクラスに初めて設定されたAMGモデルとなる「A35」のパフォーマンスをクローズドコースで確認した。

【写真】リアビューやインパネ、エンジンなどを見る

東京モーターショー 2019でメルセデスベンツは、AクラスのAMGモデル「メルセデスAMG A45シリーズ」を発表したが、その35版はすでに8月に発売されている。今回は45シリーズに先駆けてこのA35にクローズドコースで試乗することができたのでその印象を報告する。

まずはA35の概要だ。このモデルには、パフォーマンス志向のAMG 4マティックが組み合わされる。トルク配分は、車速、横方向および縦方向の加速度、舵角、各ホイール間の回転速度差、選択されているギア、アクセルポジションなどにより、自動的に前後100:0 ~ 50:50までの範囲で変化する。ハイパフォーマンスモデルに相応しく、フロントには新型モノブロック対向4ピストンキャリパーとφ350mmディスク、リアには1ピストンフローティングキャリパーとφ330mmディスクが装着され、制動性能も強化されている。

精悍な表情を醸し出しているのが、フロントグリルやリアディフューザー、エキゾーストエンドなどのハイグロスブラック仕上げだ。さらに大型のフロントスプリッターやバンパーサイドのフリック、そしてリアウイングが高性能なAMGモデルらしさを強調している。

インテリアには、アクセントステッチの入った専用のマグマグレー/ブラックツートーンのレザー DINAMICAのAMGパフォーマンスシートが採用されている。そして装備面ではナビゲーションパッケージ、360 。カメラシステム、ヘッドアップディスプレイなどが含まれるAMGアドバンスドパッケージが標準装備される。

走り出して驚いたのが19インチタイヤを見事に履きこなしていることだ。乗り心地が悪そう、という懸念は杞憂に終わった。スポーティな走りと強い安心感こそあったが嫌な印象を持たなかった。

M260型2L直4ターボエンジンは、ストレスなく実に気持ちよく高回転まで回る。それに組み合わされるトランスミッションも上手くチューニングされているのでドライバーはクルマとの一体感を強く感じることができる。つまり運転していて楽しい、と思える仕上がりだと言えるだろう。A45との価格差を考えれば、サーキットを走らないのであれば十分に満足できる1台である。(文:千葉知充/写真:永元秀和)

メルセデスAMG A35 4マティック エディション1 主要諸元

・全長×全幅×全高:4436×1797×1405mm
・ホイールベース:2729mm
・パワートレーン:直4DOHCターボ
・エンジン排気量:1991cc
・最高出力:225kW(306ps)/5800rpm
・最大トルク:400Nm(40.8kgm)/3000-4000rpm
・トランスミッション:7速DCT
・駆動方式:4WD
・燃料/タンク容量:プレミアム/51L
・タイヤサイズ:235/35R19
・車両価格:7,430,000円

Webモーターマガジン

最終更新:11/17(日) 15:00
Webモーターマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事