ここから本文です

「決められなかったじゃすまない」久保建英がコロンビア戦の惨敗を一刀両断。「現実を見つめ直さなければ…」と自戒の言葉も

11/17(日) 18:47配信

THE DIGEST

 森保一監督率いるU-22日本代表が17日、U-22コロンビア代表と親善試合を行ない、0-2で完敗した。

【動画】普段は見られない貴重映像をお届け!堂安、三好、久保らのボール回しに記念撮影シーンも

 A代表にも名を連ねる久保建英、堂安律、板倉滉を招集し、現時点でのベストと言える面子を揃えた日本だったが、南米の強豪に歯が立たず。来年の東京五輪に向けて不安を残す結果となった。

 この試合で先発フル出場を果たした久保は、試合後のインタビューに応じ、反省を口にした。

「負けてしまったんで、もう一回現実を見つめ直さなければいけないかなと思います」

 そう切り出して続けたのが次の言葉だ。

「後半2点取られてから何回か惜しいシーンはあったんですけど、そういうのはもっと、0-0の時から出していかないと、相手はこうやって決めてくるんで、決められなかったじゃすまないと思う。しっかり個々で決定力を上げつつ、最初から良い入りができるようにしたいと思います」

 前半は徐々にコロンビアに押し込まれ、ディフェンスラインの背後を突かれる場面が散見。それでも、立田悠悟、岩田智輝、板倉の3バックが身体を張って凌いでいたが、後半の立ち上がりに決壊した。48分に右サイドからのクロスのセカンドボールを拾われて先制点を叩き込まれ、59分にはカウンターから完全に守備を崩されて2失点目を食らう。

 これで日本も目が覚めたのか、試合終盤には久保と堂安のホットラインを軸にいくつかの決定機を作り出した。しかし、いずれもネットを揺らすには至らなかった。

「今日はちょっと不甲斐ない試合になりましたけど、しっかり、これから各自がチームに帰って、精一杯頑張って、もう一度ここに戻って来られるようにしたいと思います」

 0-2という結果はもちろん、内容的にも乏しかったコロンビア戦を糧に、若き日本代表は成長できるのか。まずは12月28日に長崎で行なわれる、U-22ジャマイカ代表との親善試合に注目だ。

構成●サッカーダイジェスト編集部

最終更新:11/17(日) 18:47
THE DIGEST

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事