ここから本文です

加齢ヘアの悩みをカリスマ美容師が解消「グレイヘアは人を選ぶ。育毛剤の使用は◎」

11/17(日) 16:00配信

週刊女性PRIME

 週刊女性では、40~60代の女性200人に対し、髪にまつわるアンケートを実施した。回答の中で多かった加齢ヘアの悩みを、1年間で約3800人以上の髪をカットする“美容界のマドンナ”、MAYUMI先生が解決! 

Q 白髪に悩んでいます。いっそ流行のグレイヘアにしたほうがいい?(40代 O・Rさん)
A グレイヘアは似合う人を選ぶカラーです

「最近、白髪をあえて染めない“グレイヘア”が一部で流行しています。ただし、誰にでも似合うわけではありません」(MAYUMIさん、以下同)

 ヘアカラーはファッション同様、肌の色や瞳の色などを考慮して顔映りがよく見える最適なカラーを選ぶのが鉄則だそう。

「グレイヘアが似合うのは、ダークな茶色や黒い瞳の人。瞳が明るい茶色の人は明るいヘアカラーが似合うタイプです。また、イエロー系の肌の人がグレイヘアにすると、肌がくすんで見えるため、おすすめしません」

Q ペタンとなってしまう髪のボリューム自宅でできることは?(50代 M・Rさん)
A ドライヤーと朝シャン、育毛剤で改善を

「自宅でできることはたくさんあります。まずは髪の毛を頭皮の根元から立ち上げるため、ドライヤーでの乾かし方を見直してください。髪の根元部分の頭皮にドライヤーを当て、下から空気を入れてふんわりと髪の毛を立たせるとボリュームはある程度、復活します」

 ただし、ブラシやコームで毛を逆立てるのは逆効果。キューティクルの流れに逆らって髪をとかすことになるためボロボロに髪が傷つき、髪が弱る原因に。

「朝のシャンプーもおすすめ。朝シャンをすると頭皮がすっきり清潔になり、髪の根元が立ち上がりやすい」

 朝のシャンプーやドライヤーで復活したボリュームが、夕方に再びぺたんこになって、ベトベトしてきたら、頭皮に皮脂汚れがたまっているサイン。ベトつきは石油系の安いシャンプーやトリートメントが原因の場合も多いそう。

「そして、みなさんに1日でも早く育毛剤を朝晩、使うことをおすすめします」

 また、前髪の間からおでこが透けて見える『シースルーバング』が若い女性を中心に流行中だが、

「年齢を重ねた女性がやると、前髪が薄くなっていると勘違いされる可能性が。特に全体のボリュームが気になる人は避けて」

1/2ページ

最終更新:11/19(火) 10:39
週刊女性PRIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事