ここから本文です

露呈した連係不足。改善のヒントは最大の決定機を得た小川航基の言葉にあるか

11/17(日) 19:40配信

SOCCER DIGEST Web

「僕の感覚ではベストのタイミングとベストのボールだった」

 0-2で敗れたU-22コロンビア代表との一戦で、U-22代表の最大の決定機を得たのは小川航基だった。
 
 81分、堂安律のスルーパスに反応し、最終ラインの裏に抜け出す。GKとの1対1になってシュートを放ったものの、ボールは惜しくもポストに弾かれ、ゴールとはならなかった。

【U22代表PHOTO】日本 0-2 コロンビア|2万人を超えるサポーターが観戦!堂安&久保をダブル起用も・・・

「リツがフリーで、左足で持ったのは分かった。で、(堂安の)周りにディフェンスもいない。あれくらいのスペースがあれば、リツはボールを受けられます。僕の感覚ではベストのタイミングとベストのボールだった」

 出し手と受け手の関係性について、そう語る小川だが、「惜しいでは何も変わらないですし、あれをゴールのなかにねじ込むというのが一番大事」と述べ、チャンスをモノにできなかったことを悔やんだ。

 とはいえ、そもそもコロンビア戦では連係不足を露呈し、パスのズレもしばしば見受けられ、チャンスも少なかった。小川はコンビネーションについては次のように見解を述べる。

「あれくらいのズレはしょうがないというか、しょうがないと言ったらあれですけど、入ってくるタイミングが一番大事。ズレたパスはリツが下を向いていたのもあります。さほど問題ではないと思っています」

 そんななかで、最大の決定機を得たシーンについては、「左足に置いた時、リツは顔が上がるので、あのタイミングというのは絶妙だった」と言う。つまり、大事になるのは、出し手が顔を上げた瞬間に、タイミングよく受け手がパスを呼び込めるかどうか。多くの時間でそれができなかったなかで、決定機を作れたのは、ひとつのヒントになったかもしれない。

 コロンビア戦で小川は少なくとも決定機には絡めた。あとは、それを決められるかどうか。今後に向けて「次も、もし代表に選ばれれば、次は得点という数字を死に物狂いで求めていきたいと思います」と意気込んだ。

取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)

最終更新:11/17(日) 19:41
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事