ここから本文です

【U-22代表】「凸凹を作りながら」CF上田綺世が考えるシャドーとの理想的な関係性

11/17(日) 17:50配信

SOCCER DIGEST Web

「どっちもできたら、どっちもよりスムーズに」

[キリンチャレンジカップ]U-22日本0-2U-22コロンビア/11月17日/エディオンスタジアム広島

【U22代表PHOTO】日本 0-2 コロンビア|2万人を超えるサポーターが観戦!堂安&久保をダブル起用も・・・

 コロンビア戦ではシャドーで同時先発した久保建英と堂安律。欧州で活躍し、A代表にも名を連ねるふたりのレフティの共演は、ひとつの注目ポイントだった。

 もっとも、彼らの良さを引き出すという意味で、CFでスタメン出場した上田綺世のパフォーマンスは鍵を握っているはず。また前線の“トライアングル”が機能すれば、相手にとって大きな脅威となる。

「バランスを見て、でこぼこを作りながら、お互いを見ながらという話はしていました。僕がこういう動きをするっていうのは細かく伝えていましたけど、そういう場面をうまく作れなかった」

 久保と堂安を活かすために、最前線の上田が基準点となるプレーをする。もちろん、それだけではなく、相手の最終ラインの裏を狙った動き出しも必要だろう。そのあたりを上田はどう考えているのか。

「相手のラインも高かったので、僕自身は背後に走りたかった部分はありました。逆にそういうことをすれば、シャドーも行けますし。どっちもできたら、どっちもよりスムーズに行くはず」

 敵の背後を狙うとして、そればかりを続けていれば単調になる。「タケとリツがミドルも打てる、っていう状況をチームとして作り出せれば、たぶん、背後もある。前半は少し(連係した崩しを)作れた場面もありましたが、逆にそういうのを利用しつつ、一発背後を狙えれば良かった」と上田は振り返る。

 基準点にもなれば、裏を突いてゴールも狙う。2枚のシャドーとの関係性をさらに深めることで、多彩なアタックを実現させたい。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

最終更新:11/17(日) 18:08
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事