ここから本文です

4歳の少女が天国の神様に手紙を書いたら「すごい返事」があった話

11/17(日) 9:01配信

現代ビジネス

4歳の女の子が天国の神様に手紙を書いた

 こんな話がアメリカの、一部で話題になっている。ちょっといい話がフェイスブックに載ってるよ、と知り合いに教えてもらった。

【写真】医者が明かす「痛い死に方ランキング」ワースト50

 愛犬のアビー(Abbey )が、14歳で亡くなった。4歳の女の子メレディス(Meredith)は、悲しくて泣いた。そして、アビーが天国に行くのなら、神さまに手紙を書いてもいい? 、と母親に聞いた。

 じゃあ二人で書きましょう。メレディスが言ったとおりに書き取ったのが、以下の手紙。

----------
神さま
うちのイヌのこと、よろしくお願いします。きのう死んで、天国に行きました。とても悲しいです。病気だけど、わたしのイヌなの。どうぞよろしく。
一緒に遊んでくれるとうれしいな。水浴びとか、ボール遊びが大好きです。アビーだとすぐわかるように、写真を送ります。ほんとに寂しい。
ラブ メレディス
----------

 それから、封筒に手紙と写真を入れた。宛て先は、「天国/神さま」。差出人の住所も書いた。天国までは遠いので、メレディスはいっぱいいっぱい切手を貼った。そして、ポストに投函した。

神様から来た返事の中身

 するとしばらくして、「メレディスちゃん」宛てに、きれいに包んだ小包みが届いた。

 メレディスが開けてみると、ロジャース著『ペットが死んだとき』という本と、神さまに出した手紙が開封されて、入っていた。アビーの写真と、神さまからの返事の手紙も入っていた。こんな返事だ。

----------
メレディスちゃん
アビーは無事に、天国に着きました。写真のおかげで、すぐアビーだとわかりました。
アビーはもう、病気ではありません。アビーの魂(スピリット)は、神さまのところにいます。あなたの心のなかにもいるでしょう。あなたの飼っていたアビーは、幸せでした。天国では身体はいらないので、写真をしまうのにポケットがありません。この本と一緒に送り返します。この本を読んで、アビーを想い出してください。

すてきな手紙をありがとう。手紙を書くのを手伝って送ってくれた、お母さんにもありがとう。すばらしいお母さんですね。あなたのためにこのお母さんを、特別に選んであげたんだよ。あなたに毎日、恵みを送ります。神さまがあなたを愛していることを忘れないでください。神さまを見つけるのは簡単です。愛があるところならどこにでも、神さまはいるからです。
ラブ 神さま
----------

1/3ページ

最終更新:11/17(日) 9:01
現代ビジネス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事