ここから本文です

奮闘の宮原知子、海外メディアが愛ある賛辞「この世界にサトコがいることに感謝」

11/17(日) 17:03配信

THE ANSWER

中国杯に続く連戦で4位、GPファイナル進出はNHK杯組の結果次第に

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦ロシア杯は16日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)6位の宮原知子(関大)はフリー4位の129.33点、合計192.42点で4位となった。ジャンプの多くが回転不足と判定される悔しい結果となったが、海外メディアは奮闘に対し、愛の溢れる賛辞をつづっている。

【画像】「まるでエジプトの女王だ」と絶賛! 米デザイナーも虜になった一着とは…宮原が今季話題を呼んだ黒のパンツスタイル新衣装の全身写真

 中国杯に続き、連戦となった宮原。ジャンプの多くで回転不足を取られる不本意な結果となったが、美しいスケーティングに加え、表現力はさすがのもの。129.33点というスコア以上にリンクで表現したものに価値はあった。

 ルーマニアのフロレンティナ・トーン記者が展開するスケート専門メディア「インサイド・スケーティング」公式ツイッターは「ジャンプを跳んでも跳ばなくても、この世界にサトコがいることに感謝」などと愛のある賛辞とともに、唯一無二の存在であることを称えた。

 GPシリーズ2戦を2位と4位で終え、GPファイナル進出争いは暫定4位となった宮原。最終的な行方は最後のNHK杯組の結果次第となるが、2試合で掴んだ収穫と課題を今後のシーズンに生かしたいところだ。

THE ANSWER編集部

最終更新:11/17(日) 17:03
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事