ここから本文です

浜辺美波、謎めいた比留子は「いつの間にかお相撲好きなキャラに(笑)」【<屍人荘の殺人>連載】

11/17(日) 12:00配信

ザテレビジョン

「このミステリーがすごい!2018年版」の第1位に輝くなど、国内の主要ミステリー賞4冠を達成した小説を映画化した「屍人荘の殺人」。自称“ホームズ”と“ワトソン”の大学生探偵コンビと彼らの前に突然現れた女子大学生探偵が、想像を絶する異常事態に巻き込まれつつ、前代未聞の連続殺人事件の謎に迫っていく物語だ。原作ファンのみならず、神木隆之介、浜辺美波、中村倫也らの豪華共演でも大きな注目を集めている本作のキャスト陣にインタビューを敢行!

【写真を見る】謎めいた雰囲気を醸し出す比留子を浜辺美波が見事に体現!

その第2弾に登場するのは、大学生の探偵・剣崎比留子(けんざき・ひるこ)を演じた浜辺美波。もともと原作のファンだったという彼女が、謎めいた雰囲気を醸し出す比留子の魅力と、撮影の舞台裏などを明かしてくれた。

――浜辺さんが演じられた比留子は、警察ですら手を焼く難事件をいくつも解決していたという名探偵ですが、原作とはずいぶん印象が違いますね。

それは私も驚きでした(笑)。私が原作を読んで思い描いていた比留子像とは全く違っていたので、最初はどういうものなんだろうかと思いましたが、映画自体も原作とは色の違う作品になっていたので、演じるのがすごく楽しみでした。

――映画で描かれる比留子をどういう女の子だと思いましたか?

劇中では連続殺人事件が起こったり、いろんな人が亡くなりますが、比留子は正義感から推理をしているのではないと思います。しかも、推理が好きなわけでもなく、探偵になりたいわけでもない。ただ自分を守るために推理をする女の子で、紫湛荘でも犯人を見つけてほしいと言われたから推理をしているだけで。そういうところが不思議な女の子だなと思います。

■ いつの間にかお相撲好きなキャラになっていました(笑)

――比留子は大学生という設定なので、現在19歳の浜辺さんからしたら同世代の役柄だと思いますが、演じてみていかがでしたか?

今回、神木隆之介さんと中村倫也さんと行動を共にするシーンが多いのですが、お二人とも私よりもお兄様なので、自分だけすごい年下に見えないか、それが心配でした。

――独特の世界観ですし、中村さんが演じられた明智恭介は年齢不詳の大学生という設定なので、全く違和感はなかったです。

良かったです(笑)。私も年齢的には大学生でもおかしくないですが、実際には大学に行っていないので、大学ってこんな感じなのかなと想像するのが楽しかったです。だから、最後の方は年齢のことは気にせず、割と自然体のままで楽しんでいた気がします(笑)。

――木村ひさし監督はドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」(2018年TBS系)や「民王」(2015年テレビ朝日系)などを手掛けてこられ、現場のアイデアをどんどん取り込まれていく方だとうかがっていますが、浜辺さんの木村監督に対する印象は?

先ほどもお話しましたが、映画の比留子は原作とは全然違っていて、顔合わせのときに「どうしましょうか?」と相談させていただきました。そのときは何も言わなかったんですけど、本当に現場でとか、前日にセリフがどんどん追加されていって、いつの間にかお相撲好きなキャラになっていました(笑)。

■ 毎日柔軟な気持ちで現場に行っていました

――劇中で披露されている横綱の土俵入りの雲竜型も監督のムチャぶりだったとか?

あれはまさか本編で使われるとは思わなかったです(笑)。監督は基本的に一発OKが多かったんですけど、お相撲に関わるところだけは指導が入って。監督はお相撲が本当にお好きみたいで「ちょっと違うんだよね」「もっと溜めて」と言われたりして、お相撲に関するところが一番難しかったです(笑)。

――きっとほかにもムチャぶりなところがあったんでしょうね。

だからこそ、あまり決めつけずに現場に行くのがいいのかなと思いましたし、木村監督の調理されているような感じがしました。木村監督は何でも受け入れてくださる方なので、心配はなかったし、毎日柔軟な気持ちで現場に行っていました。

――映画では探偵コンビによる活躍(?)が描かれていますが、葉村(神木)と明智(中村)、比留子と葉村のように、この映画の登場人物の中でバディを組むとしたら誰がいいですか?

私のお気に入りのキャラクターは、紫湛荘の執事・管野(池田鉄洋)さんと、ホラー映画マニアの大学生・重元(矢本悠馬)さんなんですが、バディとなったら心強い人の方がいいですね。重元さんも守ってくれそうだけど、やっぱり管野さんかな(笑)。

――その理由は?

管野さんは執事だけあって、紫湛荘の鍵を全部持っているから! そういう意味では、紫湛荘の中で一番の権力者だと思うし、本気を出したら何でもできる人だと思うので、やっぱりバディは管野さんでお願いします(笑)。(ザテレビジョン・取材・文=馬場英美)

最終更新:11/17(日) 12:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事