ここから本文です

JAPANARIZM「誰も欠けずに小さな目標、大きな目標を達成していきたい!」<Interview後編>

11/17(日) 6:01配信

ザテレビジョン

アイドルグループ・はっぴっぴが、11月11日から祭囃子をコンセプトにしたアイドルグループ「JAPANARIZM(ジャパナリズム)」にグループ名を改め再スタートを切った。

【写真を見る】レモンを持って決めポーズ!

メンバーインビュー後編では、江口結香、高木由莉愛、なみきんぐ(さくらなみきから改名)、天乃七夕、西村彩有里、小日向夏実が今後の目標について語ってくれた。

■ グループ名とロゴが変わって、新グループ結成のような気分

――グループ名とロゴが変わったことについては、どう思われますか?

なみきんぐ:元々は桜に「はっぴっぴ」で、そこからロゴが変わっておみこしに「はっぴっぴ」だったんですけど、アルファベット表記になったことで、海外にも出ていけるんじゃないかなっていう期待があります。

天乃:うん!

なみきんぐ:マイナスなことは何もなくて、プラスだなって。どんどん大きくなっていくために、進化しているなって思います。

――順調にいけそうですね。

高木:はい、新しくスタートできる新入生みたいな気持ちで。3年半くらいやっていたんですけど、また新たな気持ちでスタートできるのが、すごいうれしいです!

――新しいグループを結成した的な。

高木:っていう気持ちです!

なみきんぐ:引き継ぐものは引き継いで、変わらないものも変わるものもあるけど、6人一つになって頑張っていこうっていうふうになりました!

■ JAPANARIZMとして、そして個人として目指すもの…

――では最後に、O-East(東京・TSUTAYA O-East)という近い目標がありつつ、これからJAPANARIZMをどうしていきたいかアピールしていただけますか?

なみきんぐ:グループとしては、お祭りに行ったりして、祭囃子を見てもらって、どんどん日本から世界へ広げたいっていう大きな目標があって。あと、O-Eastですね!

西村:はっぴっぴのころから、絶対に辞めないっていうのをずっと言い続けてきたんですけど、はっぴっぴからJAPANARIZMになるにあたって、メンバーが誰一人欠けることなく新メンバーが入って、パワーアップしてっていう形で良かったなって思います。

本当に、誰も欠けてほしくないなっていうのがあって。今のメンバーでやっていけたらなっていうのは、はっぴっぴのころから引き続き思います。

個人としては、「一番年上で、いつまでできるのかな?」っていう、段々リミットが近付いてきている気がするので、劣化せずに進化し続けて、いつまでもアイドルとして存在していてもいいように、い続けたいなと思います。

なみきんぐ:はっぴっぴのときも言っていたんですけど、嵐さんみたいに個人個人がいろんな場で活躍して、いろんなところでファンになってくれる方がいて、どこに行っても通用するっていうか、「この子がここで戦える!」みたいな、そういうふうになれたらいいなって思います。

自分一人の目標としては、もし将来アイドルじゃなくなったときも、今応援してくれてる人たちと関わっていたいから、常に変化し続けたいというか、どんどん新しいものを取り入れていって、勉強していきたいです。成長し続けて、飽きさせない人でありたいなって思います。

■ 高木由莉愛の“大分愛”が爆発!

江口:私も、それぞれがいろんなところで活躍できてるグループさんって本当に格好良いと思うので、そういうグループになりたいなって思いますね。夢というか目標というか、あまり大きなものがなくて。

小さいものだと、例えばなんですけど、喜ばれたいんですよ! お祭りに出させてもらったときに、「ヤバい! JAPANARIZMがいる!!」みたいに思われるくらいのグループになりたくて。

アイドルさんとかにも、「JAPANARIZMがいる!?」って思われたいんですよ。それくらい、大きなグループになりたいっていうのが夢なので…。

西村:存在してるだけで喜ばれる人になる?

江口:そうなんです!

西村:最強のアイドルになろうね!

江口:そうです! あと、喋りがうまくなりたいですね。

――MCをすることはあるんですか?

江口:めっちゃ苦手で、全然やらないんですよ。滑舌も良くないので、喋ると「は?」って言われるんです。

――ファンの皆さんとは、うまく喋れていますか?

江口:喋れないです。伝わっているのか、伝わっていないのか分からないリアクションをされるので(苦笑)。

高木:苦手な言葉があって、「い」の段がダメなんです。特に「き」が。「ち」って聞こえちゃうんですよ。ファンの方の名前も、うまく言えていなくて否定されたり。

江口:「ちゃんと言ったんだけどな…」っていうレベルのヤバさです(汗)。

西村:仲良くならないと聞こえない会話とかあります。

江口:江口マスターになってもらいたい。

高木:マスターになっても、聞こえないときがたまにあるんです(笑)。

江口:滑舌が良くなるのが目標です! でも、歌うと分かるって言われるんですよ。

高木:歌うと滑舌良いよね! 私は大分県出身なので、今は大分代表といえば指原莉乃さんなんですけど、指原さんと張り合えるくらいのアイドルになりたいです。っていうのも、観光大使になりたくて。

観光PRユニットっていうのは、大分にいるときにやったことがあるんですけど、指原さんと一緒に大分の観光大使をやりたいです!

あと、JAPANARIZMとしてはまだ大分遠征をしたことがないので、遠征するっていうのが夢ですね。個人としては、バラエティー番組とかで活躍できたらいいなと思ってます。JAPANARIZMの冠番組が欲しいです!

一同:欲しいね!

高木:何でも体張れると思う。

天乃:毎日、放送事故!

高木:まずは小さいところから攻めていって、いつかは地上波に。大分とか、Abema TVとか…デカいですけど(笑)。

――YouTuberとかも?

高木:そうですね。歌とダンスとか、ライブだけじゃなくて、マルチに活動して、個々の良さも伝えていきたいです。

――大分凱旋(がいせん)自体はしているんですね。

高木:凱旋はしたことがあって。デビューして半年で行って、この前の10月が2回目でした。ラグビーW杯のとき、すごい大きなステージがあったので、そこに出たかったなと思っていて。目指すは、大分いいちこグランシアタ―です!

――今、大分で番組に出られていますが、凱旋したときの地元の反応はどうですか?

高木:親戚とかは喜んでくれていますね。

西村:親戚かい! でも、「あっ、『なんでも、やるんちゃんねる!』(大分放送OBS)の子だ!」って言ってくださる方もいて、やっぱり大分で見られている番組なんだなって。

高木:「頑張ってるね!」って、「もっと出ていこうね!」「大分、よろしくね!」って言っていただけています。

――地元の皆さんが、後押ししてくれてるんですね。

高木:はい! 大分を背負って、頑張ります!!

■ 天乃七夕と小日向夏実が今後について語る

天乃:私は、個人としたらファンの人にたくさん付いてもらいたくて。そのためには、日頃の感謝の気持ちを言葉だけじゃなくて、行動でも伝えられるような人になりたいですね。いろいろな方面において、もっと自分のスキルを上げていきたいと思ってます。

だから、モデルとか演技とか、いろいろやっていきたいですし。前に「金スマ(中居正広の金曜日のスマイルたちへ)」(TBS系)さんにも出させていただいて、ちょっとだけの出演だったんですけど、いろんな人に「あゆ役だったね!」「あゆ役じゃないけど、あゆ役うまかったね!」って言われたのが、すごいうれしくて。

ちょっとだけしか出てなかったのに、私のことを知ってくれた人がいたのがうれしくて。そういう部分でも、もっと活動していきたいなって思いました。

グループ的には、この6人でもう一回再スタートというか、改めてスタートできるので、私はこの6人にアイドル人生を懸けたいと思ってます。

誰一人欠けることなく、もちろん人数が増える分には大歓迎なんですけど、誰も欠けずに一つ一つ小さな目標、大きな目標を決めていって、この6人で達成して、いろんなことをしていきたいです!

小日向:何か困ったときとかに、「なつみんのためなら、何でもするよ!」っていう運営さんとかイベンターさんが多くて、支えてもらっている、期待してもらっているっていうのがうれしいなって感じていて。

なので、ファンの方にもそうですけど、スタッフさんとか身内の人や他のアイドルさんからも尊敬されるようなアイドルになりたいっていうのが、ずっと言ってることで。

グループとしては、「やる気のあるグループに入りたいです!」とずっと言っていて、やっとそういうグループに入れたので。歌もダンスもうまくて、しかもかわいい子しかいないので、最強なものをもっと出していきたいです。

ステージを見て泣いてくれる人がいたりとか、鳥肌が立つような、「このグループ、すげぇ!」って思われたいなって。そういう、グループの強みを生かしていきたいなって思ってます。

※高木由莉愛の高ははしご高

(ザテレビジョン)

最終更新:11/17(日) 6:01
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事