ここから本文です

高橋克典主演作第3弾、夏菜「初めては全て克典さんです」<多加賀主水>

11/17(日) 10:10配信

ザテレビジョン

高橋克典主演のドラマスペシャル「庶務行員・多加賀主水」(夜9:00-11:05、テレビ朝日系)が、11月17日(日)に放送される。

【写真を見る】高橋克典と夏菜の“相棒感”あふれるショット

同ドラマは、銀行を舞台にした江上剛原作の「多加賀主水」シリーズ第3弾で、高橋が元フリーターという異色の経歴を持つ銀行の雑用係“庶務行員”に扮(ふん)し、組織の闇に立ち向かう姿を描く。

主人公・多加賀主水を演じる高橋と、主水と同じ銀行に勤める香織役の夏菜にインタビュー。作品への思いや撮影現場でのエピソードを語ってもらった。

■ 高橋「第1弾から比べて変化している」

――第3弾が決定した時の率直な感想は?

夏菜:「おお、すごい!続いた!」と純粋にそう思いました(笑)。第2弾が「ポツンと一軒家」(毎週日曜夜7:58-8:54、テレビ朝日系)の後ろというのもあって、視聴率の数字も良かったから、いい流れのまま第3弾があったんですよね。

高橋:2時間ドラマって最近少なくなってきて、前番組の流れで視聴者の方が見てくれたのは本当に良かったです。今回、第3弾をやれることは本当にうれしかったです!

――今までのものと、第3弾の違いは?

高橋:違いか…全然覚えてない!(笑)。撮影ではドラマのことばかり考えてしまうけど、それが終わると安心するのか、忘れてしまいますね。

夏菜:克典さん、忘れないでください(笑)。第1弾の方が、克典さん演じる主水はスマートなイメージだったんですけど、第3弾になったらおじいちゃん感が強くなりましたよ!わざとだったんですよね?

高橋:そう、わざとなの。よく分かったね。

夏菜:いやいや、撮影始まる前に私に「俺、こういうキャラでいくから」と宣言していましたよ。

――こういうキャラとは?

夏菜:おじいちゃんっぽいというか、ツッコミどころのある、視聴者の皆さんにとってより親しみやすいキャラになっていましたね。第1弾から比べてそこが変化しているところだと思います。

高橋:主演である僕が、率先してボケたりするのって必要だと思うんです。視聴者の方が、主水に親しみを感じて、ツッコミながら見られたら楽しいじゃないですか。もし、次があったらもっとおじいちゃんになっているかもしれません(笑)。主水は、きちんと年を重ねていきます。

夏菜:克典さん自身は若々しくて全くおじいちゃんに見えないんですけど、この第3弾の主水は本当に年を感じました(笑)。年を感じる克典さんの姿って新しいですよね。

高橋:年重ねた方が面白いでしょ。次はスーツの色も変えようかなと考えています!グレーとかベージュとか…薄い茶色とか。どう思う?

夏菜:そうですね、おじいちゃんが好みそうな感じが出ていていいかもしれません。早くその姿が見てみたいです。

■ 夏菜「責任感や熱意があって感動した」

――夏菜さん演じる香織の変化は?

夏菜:香織は、銀行員からどんどん離れて、刑事のようになってきましたね。最初は、割とラフにやってきたつもりですけど、ナレーションで状況説明をするキャラクターなだけあって、次第に真面目なイメージになってきました。反省点ですね、正直。ふざけようがないのでどうしたらいいのだろうといつも思っています。

高橋:そうなんだよね。でも、ほらそこをどう脱却するかは夏菜の腕の見せどころだから(笑)。

夏菜:いやいや、克典さん!それは本当に難しいですよ。

――苦労したことは?

夏菜:焼きそばを主水と一緒に焼くシーンですね。せりふ整理を克典さんが協力してくれて、ようやく言いやすくなったんです。それまでは少し言いにくいせりふがいっぱいあって…。今回が一番難しかったですね。

高橋:苦労したことが多過ぎてすぐにぱっと思いつかないですけど、本当に今回が今までで一番難しいと感じましたね。貴重な体験で、撮影自体とても楽しかったです!

夏菜:キャストみんなで切磋琢磨(せっさたくま)しながら、乗り切ったことはいい思い出です。

――焼きそばのシーンではたくさんの子どもたちとの共演でしたね。

夏菜:本当にかわいかったですね!子どもたちはみんな、仕事としてお芝居をしているせいもあるのか、「ちょっと前、出ないでよ!」とか小さな争いがあることがかわいいなと感じました。子どもであっても、きちんと多加賀主水のキャストであるという責任感や熱意があって感動しました。

高橋:そうなんだよね。「俺がここ!」という主張をしていて、子どもたちの演技への熱意も感じることができたのはとてもいい経験でしたね。

■ お互いのキャラクターを語る

――主水にとって香織の存在、香織にとっての主水の存在は?

高橋:主水にとって、香織は一番の味方ですね。僕自身は、若くて正義感が強いすてきな女性だと思っていて、このまま相棒みたいな、お互いにとっていいコンビとして発展していければいいなと思っていますね。でも、主水と香織はなかなか、そうならないのが不思議です。

夏菜:香織にとっても主水は頼れる味方ですね。第1弾に関していえば、香織が依頼したことを主水が解決してくれた人なので、「この人になら全部任せられる!」「どうにかしてくれる」という気持ちが強いと思います。

高橋:そうだったよね。第1弾は、恋仲になりそうな関係だったんですよ。夏菜がかわいいシチュエーションも多かったのに…その設定、だんだんなくなりましたね。

夏菜:確かに、恋愛的な要素もありましたね。消えましたけど(笑)。

高橋:消えたことで、どんな方が見ても楽しめる方向になったのではないかなと僕は解釈しています。

――2人のシーンでは話し合ったりしますか?

高橋:いや、話し合うことはほぼないかもしれません。

夏菜:「ここをこうしてみよう」という会話はほとんどなくて、克典さんを信頼して、全部を任せていますね。尊敬もしていますし、克典さんがいるだけで安心してお芝居ができます。

高橋:ありがとうございます…これからも頑張ります!

夏菜:克典さんと私の関係性が主水と香織の関係性にも、影響が出ていると思いますね。克典さんと共演した、私のドラマデビュー作はすべてのシーンが思い出せるほど、心に残っている大事な作品です。

思い入れのある作品で先生役を演じていた克典さんの存在は、本当に師匠というか、“先生”そのものです。私の役者としての初めては全て克典さんです!

高橋:お!いいですね、そのフレーズいただきました(笑)。こんなふうに人から思われるということはなかなかないことなので、僕もうれしいです。

夏菜:何にも代えがたい存在なので、…とにかく特別です。他の現場で克典さんを見つけるとうれしくて、「おー!克典さん!」と手を振ってしまいます。

高橋:もう夏菜は身内ですね。僕も夏菜を見掛けたらうれしくなって声を掛けちゃいますね。夏菜の存在があることで、撮影がやりやすい部分もあって、僕と夏菜の関係性がドラマにそのまま反映されていたらいいなと思います。

■ 高橋「今回も立ち回りのシーンに力を入れている」

――今回の大きなテーマは?

高橋:今回はそれがないんですよ。

夏菜:テーマは強いていうならば、“頭取の手帳”じゃないですか?

高橋:そうですね、“頭取の手帳”ですね!でも、視聴者の皆さんが「これだ!」と思ったものがテーマになるのも面白いかもね。

――暗号を解くシーンがありますが、得意ですか?

夏菜:突然ですね(笑)。私は、結構好きですけど、得意かといわれると話は別ですね。

高橋:僕は割と暗号を解くのは好きです。よく、挑戦しています。

夏菜:男の人の方が、得意かもしれませんね。今回の暗号を見て、主水たちと一緒に皆さんが挑戦してくれたらうれしいです。

――庶務行員の主水と、元刑事としての主水の演じ分けは?

高橋:特に意識したことはありませんね。庶務行員を演じる時は庶務行員としてお客さまを迎え入れるというスイッチ、元刑事を演じる時は、事件を解決するために捜査を進める刑事にスイッチが自然と入っています。

夏菜:克典さんは演じ分けるのが得意な方だと思います。決めなきゃいけないところは必ずビシっと決めるし、自分の格好良さを最大限に見せることができる、本当にすごい俳優さんです。

高橋:ありがとうございます。でも褒め過ぎだからね?

夏菜:それぞれの主水の演じ分けは克典さんだからできることですし、私は事実を言っただけです(笑)。

――最後にメッセージをお願いします。

高橋:今回も立ち回りのシーンに力を入れています。視聴者の方からしたら唐突なシーンになるかと思いますが、そこも含めて楽しんでいただける2時間ドラマとなっていればと思います。

夏菜:私も今回視聴者の皆さんと同じで完成品を見ていないので、私も視聴者として放送がとても楽しみです。克典さんの立ち回りにも注目してもらいつつ、「これが多加賀主水だ!」というものを感じてください。ぜひ、見てください。(ザテレビジョン)

最終更新:11/17(日) 10:10
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事