ここから本文です

U-22日本代表、前半は0-0で終了 互いに慎重な展開…ピンチではGK大迫が好プレー

11/17(日) 13:41配信

Football ZONE web

堂安律&久保建英の2シャドーを採用 連係から随所に輝きも

 森保一監督率いるU-22日本代表は17日、国際親善試合コロンビア戦に臨み、前半を0-0で終えた。

 日本はA代表常連でもあるMF堂安律(PSV)とMF久保建英(マジョルカ)がそろって先発。3-4-2-1システムでFW上田綺世の背後に位置する2シャドーとして、攻撃の中心を担っている。

 互いに慎重な試合の入り方となったなか、決定的なチャンスはなかなか生まれない展開となる。前半20分にはカウンターからMF中山雄太(PECズヴォレ)が左足のミドルシュートを放つも、ミートし切れずゴール右へ。同26分にはコロンビアのロングボールからピンチを迎えたが、シュートは枠を捉えず事なきを得た。

 同30分を過ぎたあたりから自陣深い位置でのセットプレーが続き、やや押し込まれる時間帯が増える。同36分には自陣でのパスミスから1対1のピンチが生まれかけたが、GK大迫敬介(サンフレッチェ広島)の素早い対応もあり、相手のシミュレーションと判定された。

 さらに自陣でのクリアがDFに当たり、ゴールに向かってとんだボールを大迫がかき出す際どい場面も生まれたが、前半は0-0のまま終了。堂安と久保の2シャドーによる連係は随所に輝きを見せていただけに、後半は得点につなげたいところだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:11/17(日) 14:06
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事