ここから本文です

U-22代表“デビュー”の堂安律、東京五輪に向けて感じた課題は? 「もっと『俺にくれよ』と…」

11/17(日) 18:04配信

Football ZONE web

コロンビア戦は0-2で完敗 「改善しなくちゃいけないことはたくさんある」

 森保一監督率いるU-22日本代表は17日、国際親善試合コロンビア戦(広島)に臨み、0-2で完敗した。A代表のMF堂安律(PSV)とMF久保建英(マジョルカ)が国内“お披露目”となる一戦で揃って先発するも、無得点。3-4-2-1のシステムで2シャドーに堂安と久保が入ったが、ゴールを奪うことができず、来年開催される東京五輪に向けて多くの課題が残る結果となった。堂安も「半信半疑」と感じつつ「もっと俺に(ボールを)くれよというシーンがあったほうがいい」と提言。自身が感じた課題について言及した。

【動画】「間違いなくトップレベル」「世界を震撼させる」とオランダメディア称賛 堂安律の“メッシ級”反転ボレー

 試合後、取材エリアに現れた堂安は厳しい表情を浮かべていた。3-4-2-1の布陣で右シャドーに入ったが、なかなか決定機は生まれず。久保との連係で突破を図るシーンは見られたが、「0点というのは今日の試合の内容を物語っている」と落胆した。A代表の主力として、体の強さも見せ、能力の高さは示したものの、チームとして改善すべき点は多く見えてきたようだ。

「どうなんだろう……と、僕も半信半疑で試合していたシーンもあった。そういうなかでこういう結果内容になってしまったのは危機感でしかない。本当に改善しなくちゃいけないことはたくさんあるので、ポジティブに捉えてやっていきたい」

 前半の立ち上がりは個人技での突破を図り、好機を演出。前半9分、ドリブルで駆け上がると会場からは「おー!」と歓声が上がった。時計が進むにつれて、久保との連係も高まり、同17分には2人のワンツーで一気にチャンスメイク。前半終了間際からは久保と左右を入れ替わりながら状況打破を試みたが、ゴールまでには至らなかった。後半に入ると、同2分で失点。同14分に2失点目を許し、同17分にMF三好康児(アントワープ)を投入後はシステムをA代表で馴染みある4-2-3-1に変更した。

 システム変更後は“レフティートリオ”で2列目を形成。堂安は定位置の右ではなく、トップ下に入った。左の久保、右の三好との連係で厚みある攻撃を仕掛けた。後半35分には久保からのマイナスのパスを胸でトラップし右足でシュート。わずかにゴール左にそれたが、2人の息の合ったプレーだった。だが、最後まで得点できずに完敗。来年に迫った東京五輪までの課題を堂安も感じていた。

1/2ページ

最終更新:11/17(日) 18:54
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事