ここから本文です

なぜ軽井沢だけが「高級リゾート」になれたのか

11/17(日) 5:25配信

東洋経済オンライン

 10月11日から13日にかけて日本列島を襲った台風19号により、各地で水害が発生した。

【写真】軽井沢駅旧駅舎2階にあった貴賓室(復元後の建物内の様子)

 台風襲来に対し、鉄道各社は計画運休を実施するなどして被害を最小限に食い止めようと努めたが、長野市の新幹線車両センターが浸水。北陸新幹線の10編成120両が被災した。同新幹線は長野駅以北が不通になったものの、25日には全線で運転を再開。本年度末に完全復旧を目指すとしている。

 北陸新幹線の不通、そして減便は、富山県や石川県に大きな打撃を与えた。とくに、観光面での経済的損失は計り知れない。同じく観光地としてにぎわう軽井沢も、その影響を無視できない。

 軽井沢駅は高崎駅から2駅目で、台風19号で浸水した車両センターより東京寄りにある。そのため、運行の再開は早かった。また、避暑地・軽井沢の最盛期である夏季ではなかったことも、富山、金沢と比べて観光に与える影響を小さく見積もられがちな要因にある。

■避暑地から年間を通じた観光地に

 しかし、近年の軽井沢は年間を通じて観光客が訪れるようになっており、一昔前の避暑地のイメージでは語れない。年間を通じて軽井沢が観光客でにぎわうのは、外国人観光客によるところが大きい。とはいえ、以前から春は新緑、秋は紅葉、冬はスキーといった具合に、国内旅行者も年間を通じて軽井沢を訪れるようになっていた。

 そうした軽井沢の観光を語るうえで、外国人と鉄道という2つの要素を欠かすことはできない。

 軽井沢は江戸時代から中山道の宿場町としてにぎわった。長野県と群馬県の境にある碓氷峠は、全国に名をとどろかせる難所として知られる。そのため、碓氷峠の東西両端には峠越えに備える旅人のために宿場町が設けられた。

 西側に設けられた宿場町は、軽井沢宿だけではなかった。沓掛宿・追分宿といった宿場町も開設された。これらの宿場町は浅間三宿と呼ばれ、それぞれが宿場町として切磋琢磨した。

 鎖国が解かれた頃から外国人、主にお雇い外国人たちが避暑地として軽井沢に着目。近隣に草津温泉があることも奏功し、軽井沢は静養地として評価を高める。そして、外国人たちが別荘を建てていく。

 しかし、それは一部の外国人たちの話にすぎない。当時、まだ信越本線は全通していなかった。上野駅から高崎駅までが開業するのは1884年、高崎駅から碓氷峠の東端である横川駅まで開業するのは1885年。横川駅と軽井沢駅との間に鉄道が走り始めるのは1893年まで待たなければならない。

1/5ページ

最終更新:11/17(日) 5:25
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事